成功

ベラジョンカジノのルーレット全35種類!勝てる小ワザも徹底解説

勝てるスロットフレンチルーレット 12260

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

オンラインカジノの中でも人気のベラジョンカジノでは、ビデオルーレットとライブルーレット(ライブカジノ内)を合わせると年3月現在で 全35種類 のルーレットがあります。 ベラジョンカジノには、オンラインカジノならではの ビデオルーレット と、実際に海外のカジノでプレイしているような体験を味わえるライブカジノ内の ライブルーレット が用意されています。

~じゃがいものブログ~

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。 またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。 また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。 そんなルーレットの攻略法として 「ベアビック法」 と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94。 それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。 ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。 前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。 例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。 これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。 これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。 「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。 さらに勝率は94。 いかがでしょうか。今回は「カジノの女王」とも呼ばれるルーレットの戦術のひとつである「ベアビック法」がどのようなものかや、やり方などをご紹介しました。 賭け金が高いわりに1回あたりの儲けは少なく、人によってはハイリクスローリターンとも考えられるベアビック法ですが、負ける確率が低いだけに少なくても勝ちたいという人には向いています。 ルーレットの賭け時間に制限のある現実のカジノでは賭け切るのも一苦労になってしまうので、オンラインカジノなどで使うのがいいとされる戦術なので、堅実なプレイを求めたい人はベアビック法を活用してみてはいかがでしょうか。 カジペディア カジノゲーム ベアビック法はルーレットに94。

勝てるスロットフレンチルーレット 41249

666戦略を20ゲーム行った検証結果

久々に ルーレット に挑みます。 正直、前回ビデオポーカーで勝った事に味をしめていて、お金を増やすだけなら、 ビデオポーカー 限定で勝負を続けていっても良いかなと思ったりもしていました。 ですが、それではオンラインカジノを学ぶという当初の目的を逸脱してしまいます。読んで下さっている方々もつまらないでしょう。 現在の所持金。 オンラインカジノ事始め22参照 今回はルーレットで勝負すると決めました。 で、どのルーレットにしようかと思い、以前、ルーレットを比較した時の記憶も手繰り寄せてみました。 オンラインカジノ事始め24参照 それらの事実を踏まえた上で、オンラインカジノ(僕の場合、今の所 ラッキーベイビーカジノ がホームになってます)でルーレットをするなら、やはりフレンチルーレットが一番いいのではないかというのが、現在の所の結論です。 例えばリアルカジノで、熟練のディーラーだったら、力加減で出目をある程度コントロールできるのかもしれません。 あくまでも素人の個人的な見解にすぎませんが、できる気がします。 人間の能力というのは計り知れません。才能に恵まれた人が鍛錬を積めば、そのくらいの事は容易く達成してしまいそうな気がします。ただ「できる」から、「やる」のかと言うと、それは別な話で、きちんとした職業的倫理観を持ったディーラーであれば、公平性を欠く行為はしないはずです。例え技術的に可能であったとしても…と信じたい所です。 ただディーラーが意図的にコントロールできない(もしくは、しない)としても、ディーラーの癖とか、ルーレットの物理的な状態などによって、理論的な確率とは違った「偏り」は出てくる気がします。その「偏り」を把握して賭ける事が出来れば、「ネイバーベット」はかなり有効な賭け方になるはずです。 ですが、オンラインカジノの場合、ライブゲームは別にして、ディーラーは存在しません。 自分でスピンをクリックするだけです。手練れのディーラーに翻弄される心配はありませんし、ルーレットに個体差もないはずです。安心して確率通りのゲームを楽しめるはずです。 が…、そこで、また僕は考えました。 ルーレットのホイールは常にゆっくりと回転しています。 そこで、数字の【0】が矢印の所を通過するタイミングでスピンする事にしました。 これで、何らかの「偏り」が出れば、スピンをクリックするタイミングが「出目」に影響を与えているという事になります。 無謀な実験なので「無料ゲーム」で試しています。一応、【0】をセンターとした9個の数字に0。

オンラインカジノのビデオスロット情報を徹底的に紹介

借金返済の窮余の策としてオンラインカジノを始めたが、さして儲からないのにも関わらずゲームの楽しさに魅かれ、一攫千金を夢見て日々、カジノについて学ぶ事をライフワークと定めた。 好きなゲームはフレンチルーレットとビデオポーカー。ビデオスロットには否定的感情を持っているが、ときどき発作的にスロットで遊び倒す事も少なくない。 マカオで初めてカジノを体験し、その面白さにハマってオンラインカジノの世界へ。 一番興奮するのはバカラで罫線予測(主に小路)で他のプレイヤーが大路予測で賭けている逆に賭けて勝利した時。

コメント