成功

ナイアガラの滝を旅する人へ、行き方やツアーなど19の実践アドバイス

スロット実践カナダでカジノ 17016

カナダの代表的なカジノ&ホテル

ナイアガラの滝とは、アメリカ滝(落差58m、幅m)と、その支流のブライダルベール滝(幅15m)、さらにカナダ滝(落差56m、幅m)の三瀑布の総称です。五大湖に数えられるエリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川の中間地点にあり、現地では周辺エリアを含めて「Niagara Falls(ナイアガラフォールズ)」と呼ばれます。 ナイアガラの滝で最も人気の高いアトラクションがアメリカ側の「霧の乙女号」。船に乗ってカナダ滝へ向かい、滝壺の寸前にしばらく停留します。デッキには滝しぶきが注ぐため、乗船時に配られるレインコートを着用。乗船時間は30分ほどで、カナダ側からも「ホーンブロワー ナイアガラクルーズ」として、ほぼ同じコースで運行されています。 カナダ滝の真横から、テーブルのように張り出しているのがテーブルロック。轟音や飛沫を間近に感じることができます。観光案内所やレストラン、土産物店が入った複合施設があり、ナイアガラの滝の歴史をムービーや特殊映像で鑑賞できる体験型アトラクション「ナイアガラズ フューリー」が人気です。 テーブルロックにあるセンターから参加できるのが「ジャーニー ビハインド ザフォールズ」。専用のエレベーターで40mほど降りると2つのトンネルがあり、カナダ滝の裏側を覗くことができます。夏期にはその先に整備されたバルコニーに出ることができ、水しぶきを浴びながら滝を見上げることができます。 カナダ側の繁華街にある高さ53mの「ナイアガラ スカイホイール」。日本の観覧車より早いスピードで数周するのが特徴で、上からはナイアガラの滝や町並みを一望できます。周辺にはアミューズメント施設や飲食店が充実しています。 ナイアガラの滝を眺める特等席は、ヘリコプターのシート。カナダ滝を空から見下ろせば、「Horseshoe Falls(馬蹄形の滝)」と呼ばれる理由がわかります。俯瞰して見るナイアガラ川の流れは壮観です。

スロット実践カナダでカジノ 47784

02 滝が移動している!?

ジャックポット付きのスロットマシンでは、プレイした人たちが使った現金の一部が、ジャックポット賞金(画像: 赤枠 )に加算されていき、ジャックポットの大当たりを出すことができた人のみが、この賞金に溜まった金額を全て獲得することができるからです。 スロットマシンによって図柄やラインの当たり方が異なりますが、次のような当たり方が一般的な当たりになります。(画像: 赤枠 )。

カジノスロットの大当たり

韓国のソウル などに行ったら一度は訪れてみたいカジノ。入場料からだいたいの予算まで、いくら用意すればいいのかを知っておくことで、使いすぎずお金が足りない、という事態を避けれます。 ソウル、釜山、済州、江原すべて外国籍のカジノ入場者に 入場料は必要ありません 。唯一、現地に住む韓国人も入れる江原ランドのカジノは自国の入場者のみ円程度の入場料を払うことになっています。この入りやすい入場料から、韓国人のカジノ利用者が後を絶たず、社会的な問題になっていることが目下の課題のようです。 他の国でも、アメリカ、イギリス、モナコ、シンガポールなどカジノが盛んな地域での入場料は無料となっています。ただし、シンガポールのみ法律で自国の人間が入場する際に円ほどの入場料が課せられています。これは、カジノにハマって破産するような自国民を少しでも抑制するための抑止力の効果を狙ったものであり、日本でもカジノが合法化された暁には入場料をいくらにするかの議論が行われているところです。

コメント