成功

「ギャンブル等依存症対策基本法」成立

新世代ギャンブルカードを守る 35894

繧医¥荳€邱偵↓雉シ蜈・縺輔l縺ヲ縺・k蝠・刀

ここに至るまでには、かなりの紆余曲折がありました。 年12月15日、カジノ解禁への第一歩となる「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」いわゆる「IR推進法」が成立。 マスコミなどでもギャンブル依存症対策が俄かに注目されることになりましたが、この時点で早くも「次の通常国会に依存症対策の基本法案を提出、続いてカジノ設置を定めるIR実施法の制定へ」という道筋が示されました。 いってみれば、カジノ実現のために降ってわいたような基本法の話。 だからこそ、おざなりな対策でお茶を濁されてはたまらない、これを何とか好機に変えよう! と動いたのが、ギャンブルの家族を中心とする「ギャンブル依存症問題を考える会」でした。 通常国会に法案提出というと、たった半年しかありません。与党から基本法案の骨子が示されると、「考える会」とASKはただちに、「 緊急要望 」を行ないました。 もっとも大事な要望は「関係者会議」の設置でした。 アルコールと同様、当事者や家族を含めた関係者会議を設けてほしい。実効性のある対策のためには、官僚や事業者だけでなく、依存症対策に長年取り組んできた関係者の声が欠かせないのです。 しかし壁は厚く、年の通常国会終了間際の6月、提出された与党案には関係者会議は入らず。どうやら、基本法の主管となる内閣官房が首を縦に振らない気配です。同時期に出された民進党案には関係者会議が入っていましたが、いずれにせよ突然の解散・総選挙で両案は廃案に。仕切り直しです。 秋の臨時国会には、3本の基本法案が提出されました。 日本維新の会による案、自民党・公明党の与党案、立憲民主党・自由党・社民党が共同で提出した案です。 そして今年の通常国会。 会期中の4月18日、ギャンブル依存症問題を考える会がシンポジウムを開き、ギャンブル問題に関心を持つ与野党議員や無所属の議員が一堂に会しました。主催側の訴えは、とにかく関係者会議を法案に入れてほしいという一点です。依存症対策を政争の道具にせず、超党派で基本法成立にこぎつけてほしいと。 5月10日、与党と日本維新の会が一本化修正案で合意。ここで「関係者会議」が法案に入りました。5月25日に法案は衆院で可決、7月6日に参院可決。 関係者会議は、さまざまな事業者の利害が錯綜する場となることも予想されます。 当事者や家族、依存症にくわしい有識者がどれだけ委員として席を占めることができるか、議論の質の分かれ道です。 たとえばカジノ内でのギャンブル資金貸付。 一定の保証金を払えば2ヵ月間は無利子で貸し付け、返済できなければ14。

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

基本的に松井府政を継承するというのをしながらやっていくというのがまず一つの大きな大方針です。成長の基盤である安全・安心に尽くしていくと。万博、IRの誘致、「大阪の成長」に向けた取り組みを進めていく。これは僕も大阪市長時代に広域行政で府・市一体の戦略を進めてきましたから、府知事となった今でもいわゆる松井府政を継承するというのをベースにしています。 その上で、特にこれは僕自身の政治家としての思いでもありますけども、次世代への投資というのに力を入れていきたいということでやってきました。大阪を成長させる、大都市にすると、そして次世代への投資を図っていくと、バトンタッチしていくというのが僕が政治家をやっている大きな目的でもありますので、それに見合った予算をしているということなんです。 特に教育分野については、これは基礎自治体、市町村が中心になってやっていく部分だと思っています。大阪府としてはフォローアップをしていくのが原則だろうと思っています。市長時代に、ここについては力を入れてきたところです。 知事という広域行政の長の立場に立ちましたから、「大阪の成長」を図る、これは当然ですけど、大阪全体の成長を図るというのは当然ですが、いわゆる高校、あるいは大学という分野において、いわゆる高等教育の分野において、知事の権限で実行する部分において、子どもたちへの投資というのを重視した予算にしています。府大、市大の授業料の無償化もそうですし、府立学校のスマートスクール化というか、そういったことも進めていくということです。あとは障がいがあって、学校で学びたいと思う、そういった生徒、生徒というか、子どもたちも学校で学べるようにと、そういった環境を整えていくというところに力を入れたというところです。 それから、やはり府庁のスマートシティ化というのは進めていきたいと思います。大阪市長になったときに、橋下市長からバトンタッチを受けたときにも、橋下市長からICT化は全然できなかったからという、そういう話もあって、大阪市長になって、組織再編して、ICT戦略室というのをつくりました。かなりICT、大阪市は進んできたと思います。まだまだ不十分と言われるかもしれませんが、ホームページ一つをとっても昔は何かよく、全然わからないなみたいなところがありましたが、今ではユーザーの視点に立ったICT戦略というのが、市民の視点に立ったICT戦略を進めていけるようになった、それは組織をつくって実行してきたからだと思ってます。 大阪府においても、まだまだこの分野は不十分だったので、今回、組織再編をして、ここに力を入れて取り組んでいきたいと思います。特に2025年万博をめざすわけなので、大阪府庁内がいつまでも古いままだと、これはなかなか前に進まないですから、そういったところに力を入れた予算編成をしたというところです。大きな大枠としては松井府政を継承した上で、そういった部分で未来への投資というところについて、僕自身のこだわりを入れたということかなと思います。 朝日新聞、吉川です。 中長期の見通しも含めてなんですけども、今拡大しているコロナウイルスの感染の影響で、幾ら幾らとかというのは難しいと思うんですけど、どんな分野で今後どういう影響が出るという懸念があれば教えてください。 いや、これは大きな影響は出てくるだろうというふうに思います。よく言われるのはインバウンドです。インバウンドの影響が出るのは当然だと思いますが、それだけじゃなくて、やはりもともと関西企業というのは中国との関係性が非常に強いという企業が多いです。それは製造業であったり中小企業、部品、加工、さまざま、関連があるところが多い。中国自身がコロナウイルスでまちが閉鎖されて、経済活動が低下するということになれば、それにつられて中国との経済的な影響が強い関西経済も影響を受けるというのは必須だろうというふうに思っています。その意味で全体消費、インバウンド消費だけでなくて、製造業も含めた影響、中小企業への関西経済への影響というのは今年、もっとも注視して見なきゃいけないところだろうと思っています。 その結果、どういうことが起きるかというと、府との関係でいうと、税収が大きく減少してくる可能性があると。特に消費税も増税、昨年の年末にしましたから、そもそも消費税の増税で、企業の設備投資であったり個人消費というのは低下する傾向にありますから、それに加えて今回のコロナウイルスなので、そういう意味では税収、景気面において、やはり注視していかなきゃいけないと。税収だけじゃなくて景気が低下すると、今は人手不足の状況ですから、失業者が極端に増えるというよりは、むしろ人手不足の状況にはなっていると思います。けど、一時的な、企業が倒産すればその時点で失業になるわけですから、次の職場があるとしても、なので、そういったさまざま経済の影響というのは出てくるだろうと。それを防ぐために今回、緊急融資策なんかも立てているところですし、国もさまざまな経済対策というのを打って出るということですから、その影響をできるだけ、ダメージを抑えていくということが重要だろうと思います。 ここはちょっと、コロナウイルス自体が今後どうなるか見通せないところもあるので、ちょっと注視が必要だろうと思います。日本でも、国内でも今、広がりを見せつつあると。そして中国では非常に大きな影響を受けていると。確実に経済には影響してくるだろうというふうには思っています。 今回、コロナウイルスが発生していますが、これはさっき言ったように、短期的に見れば、さっきの落ち込みは出てくると思いますが、長期のトレンドでいけば、これは大阪、関西の魅力がある企業があるという中で、やはり国際化というのはこれからもさらに進んでいくというふうに思います。大きなトレンドとしては、やはり国際的に、国際的な活動をする企業がどんどん、人、企業であったり、人というのが交流する、そういうまちに、大阪はなっていくと。そしてそれが経済の力にもなっていくということになるだろうと思います。なので、特に2025年とか、特にこれは2025年万博を見据えたときもそうですし、統合型リゾート(IR)を今、誘致していますが、それを実現したときもそう、うめきたが実現したときもそう、都市としての魅力がこれからさらに高まりますので、多くの海外の投資であったり人というのが流入してくると思います。 そんな中で、やはり「命を守る」ということを考えたときに、健康危機事象に対応できるというのが重要だと思っています。今回のコロナのような新型感染症に対する対応力を組織として強化していくということが、都市としての強さを、府民の命と都市としての強さを実現することに重要だと思うので、今回そこについては重視した予算を、予算編成をしたということです。

「ギャンブル等依存症対策基本法」成立|特定非営利活動法人アスク

アルコール依存症の親をもつ人は、そうでない人よりも、大人になってから依存症になっている割合が高いことがわかっています。 これには、「飲める体質」「酔いの快感を感じやすい体質」といった遺伝的な背景もあります。 けれど遺伝だけでは説明できないことも起きています。 アルコール依存症の親のもとで育った女性が、大人になってからなぜかアルコール依存症者の配偶者となっていたり、ギャンブル依存症の夫のもとで苦労していた、ということがよくあるのです。 父親が母親に暴力をふるうのを目撃しながら育った(面前DVといいます)息子が、大人になってからDV加害者になっていたという連鎖も、よくみられます。 また、こんなケースも少なくありません。 依存症家庭で育った人が「親のようにはなるまい」と決意して理想の家庭をめざし、自分は酒を飲まずギャンブルもやらずに、「いい親」となります。ところがその「いい親」のもとで育てられた子どもは、「この家は息が詰まる」と感じ、大人になってからアルコールや薬物に依存するようになっていた…。 ですから大人のあなた自身が、休みをとること、楽しむこと、自分の気持ちを表現すること、自分をケアする方法を学ぶこと、自分の中にある力に気づくことが、大切なのです。 それが次の世代への連鎖を食い止めます。 寄付の使途 活動に関する 収支報告。 お問い合わせ サイトマップ 交通案内 English。 ASKとは 法人概要 ASKが目指す3つの「予防」 代表者のメッセージ ASK設立の背景 ASKのあゆみ ASK 年アピール 子どもたちを守るために 早期発見・治療を進めるために 回復から学んだ知恵を社会へ メディア掲載・受賞 ASKの支部・グループ団体 ASKへの応援メッセージ 法人収支・決算報告 ASKの活動 啓発 連携 提言 育成 調査 支援 活動履歴 寄付・会員になる 寄付する 会員を継続する 会員になる(クレジットカード払い) 個人会員申込み(郵便振替・銀行振込) 法人会員申込み(郵便振替・銀行振込) 法人会員一覧 個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表記(会費・寄付) 依存症とは 依存症って何? 物質依存とは 行為依存(プロセス依存)とは 何が起きるのか? 家族はどうすればいいのか? 依存症の治療と回復 世代連鎖を防ぐ 自助グループ 一覧 ASK依存症予防教育アドバイザー養成。

コメント