成功

海外ゲーミングについて

オンラインカジノ公平オンライン麻雀 62856

不安その2 何か変数使って一部の打ち手だけゲームを有利にしてない?

普段ネットでお金を賭けない人からすれば、お金を賭けること、 それもネットでお金を賭けるということに不安に思うとこともあるでしょう。 DORA麻雀運営としては、公平・公正の立場からお客様の不安を解消し、 常に正しいゲームの場を提供することに最大限の努力を注ぎます。 DORA麻雀では 運営が牌を見えて不正にプレイしていることはありません。 また隠れて一般プレイヤーになりすまし、ゲームをすることは社内でも禁止されています。 DORA麻雀はカジノライセンスを取得し、常に不正が無いか、 公平・公正の立ち位置で運営をしているか第三者機構にチェックをされています。

オンラインカジノ公平オンライン麻雀 65468

不安その1 公平なゲームならば運営はどこで収益をあげるのか?

ですが、海外のカジノに行って日本人がプレイしても逮捕されることはありません。 それと同じような考え方で、海外で合法で運営されているサイトで日本人が遊んでも、現在の法律では裁くことができない。というのが現状です。 つまり、 違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」 という表現になります。 上記の点を踏まえると、現在の状況において注目すべき ポイントは「DORA麻雀自体が合法的に運営されているか」という点 になります。

不安その1 どうせ運営は全部牌が見えてるんだろ?じゃなかったらどこで儲けるんだよ

ありません。 こちらも上記と同じカジノライセンスの関係で、その様なプログラムを導入した場合、カジノライセンスは発行されません。 第三者機構に公平・公正であることを常に監視された上での賭け麻雀。 DORA麻雀は 「オンラインカジノ」 に分類され、運営するライセンスを取得しているので 仮にDORA麻雀運営が不正をすればライセンスを剥奪され事業をストップされます。 一部の打ち手だけゲームを有利にすることはありませんし、 そもそも牌の確率に変化をもたらすようなシステムはDORA麻雀には組み込まれていませんし、組み込むことができません。 また、DORA麻雀スタッフによるゲーム自体、社内でも禁止をしておりますが、打ち子として運営アカウントがゲームを行うこともあります。 (スタッフが独自に行なったわけではなく、運営として打ち子の許可を出した場合) それ以外にもテストアカウントでアップデート時にテストを行うためにログインするケースもあります。 一般プレイヤーに紛れてプレイをする可能性がございますが、ご了承ください。 もしも運営アカウントとプレイを行った際、当然そのケースも従来通りのゲームになります。 運営とのプレイを心しく思わない場合、同卓を控えますようお願いします。 運営IDはコチラで確認できます。 日本国内の賭博はもちろん違法です。 DORA麻雀は海外の オンラインゲーミング に該当します。 DORA麻雀ではマン島政府から発行されたゲーミングライセンスを取得しておりますので、 法的な問題もなくお遊び頂けます。 DORA麻雀では、カジノライセンスを保有しておりますので、公平・公正の立場から正式にオンラインカジノゲーミングを展開することが可能です。 法的リスク、不正リスク、個人情報リスク、あらゆる面でDCORA麻雀はクリアをしていますので、安心してDORA麻雀をお楽しみください。 DORA麻雀では賭けのテーブル自体プレイヤーが決めることができ、 加えて初めに 「最大で幾ら負けるか」が正確に表示されます。 ゲーム内では、これは 『保留金』 という表記で表されています。 DORA麻雀では年10月現在、 1ドルからドル までの卓が用意されています。 当然どのレートの卓に座るかはプレイヤーが選択することができ、 またそのレートの卓に人が集まらない限りはゲームが始まりません。

コメント