成功

IR事業者(カジノ事業者)の参入規制と背面調査

地方にもカジノ債務調査 47938

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

ホーム > ニュースリリース・保団連の活動 > 医療ニュース 目次。 安倍政権は、カジノを含む統合型リゾート(IR 事業を成長戦略の柱に掲げ、国内最大3カ所でIR整備を進めている。昨年末にIR法成立当時のIR担当副大臣、秋元司衆院議員が、カジノ事業に進出を狙う中国企業関係者から賄賂を受け取ったとして逮捕された。カジノ推進の中心となった議員の逮捕は、政策の正当性が根幹から問われる事態である。ギャンブル依存症の増加や治安の悪化の増加などが懸念されるカジノ推進は中止すべきだ。 秋元議員はカジノ推進議連の副幹事長でカジノ推進の中心人物。同議連の自民、維新の議員ら5人も事情聴取を受け、日本維新の会の下地幹郎衆院議員(その後同党から除名)が中国企業からの金銭受領を認めた。菅義偉官房長官はIR事業に関わる政治家・官僚と企業との接触は「一概に禁止されるものではない」と述べ、安倍政権は1月7日にカジノを統制するカジノ管理委員会を設置し、IR事業を予定通りに進める姿勢を崩していない。  これまで横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県が誘致を表明しており、北海道、千葉市、東京都、名古屋市も「予定」「検討」としていたが、自然環境への影響を理由に昨年、北海道が誘致を断念。千葉市も今年に入り台風・豪雨被害の復興優先を理由に断念した。 神奈川協会も賛同する カジノの是非を決める横浜市民の会 は12月22日、横浜市の山下公園でカジノの是非を問う市民集会を開催した。集会参加者は2,人。協会からは藤田倫成理事、洞澤繁横浜支部長と事務局が参加した。  集会では主催者が、住民投票条例制定の直接請求署名の協力者である受任者が5万人に達したらスタートさせると発表。賛同団体の1つである カジノ誘致反対横浜連絡会 は、受任者を2万人近く集めていると報告。さらに1月には3万人の受任者を目指すと決意を表した。  当日は慶応大学の小林節名誉教授や元経産官僚の古賀茂明氏らが登壇し、カジノ誘致阻止運動へエールを送った。さらに、カジノ誘致に反対する立憲民主党や日本共産党などの国会・地方議員が、集会の直前にIR贈収賄容疑で逮捕された秋元司衆院議員について触れ、事件の徹底解明と権にまみれたIR法の廃止を訴えた。 協会からは藤田理事がギャンブル依存症の問題を発言。ギャンブル依存症に対する薬剤はなく、カジノを作らないことが一番のギャンブル依存症対策だと強調。集会終了後に記者らの取材を受けた。  カジノの是非を問う住民投票条例制定を求める直接請求署名は、遅くとも年5月には開始する。現在、直接請求署名を行う受任者を募集しており、横浜市民の会では約2万人の受任者を集約している。神奈川協会でも横浜市の会員に向けて受任者への協力依頼を年末から開始した。 神奈川協会は「カジノの是非を決める横浜市民の会」(略称:横浜市民の会)の賛同団体となり、カジノ誘致の是非を問う住民投票条例制定のための直接請求運動に取り組み、運動募金を募っています。  ご協力いただいた募金は署名を集める費用として横浜市民の会で使わせていただきます。

横浜市(行政) IR関連

カジノIRジャパン関連記事: ・日本各地の動向 IR誘致レース~各地における政治、行政、経済界の動向。3ヵ所の席を巡る競争(年12月~) ・横浜市の動向 IR誘致レース~横浜市の動向。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 Tags: 企業地方横浜市神奈川県。 ニュース&レポート 国内ニュース 法案NOW 海外ニュース 地方IRレポート。

汚職にまみれたカジノ推進―世論は反対が多数

参入規制の考え方 世界最高水準のカジノ規制を達成するため、米国ネバダ州とシンガポールの規制をベンチマークとして、日本におけるカジノ事業の参入規制については、以下a。 諸外国における免許取得に関わる審査 諸外国を参考にすると、カジノ事業を行う場合、免許の取得が義務付けられていることが一般的です。 日本において考えられる背面調査 日本における背面調査の内容は、先行してカジノの合法化を認めている諸外国の例を踏まえ実施されることが想定されます。

地方にもカジノ債務調査 33610

カジノ是非問う住民投票へ―横浜で市民集会開催

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。 ギャンブル依存症をめぐっては、2011年、大王製紙の井川意高・元会長がグループ企業から巨額の資金を引き出し、海外のカジノで使ったとして特別背任の罪に問われ、懲役4年の実刑判決を受けた事件で世間を騒がせました。 井川元会長は懺悔(ざんげ)録として出版した著書「熔ける」の中で、借金が4億円を超えてもカジノをやめられず、奇跡的に勝ちが出るとさらに続けてしまい、結局また借金をする。「地上と天空を乱高下しているような高揚感に身を浸していた」と記述しています。 同じ指標で行われた海外の調査と比べると、もっとも高かったのがオランダで1.9%、次がフランスの1.2%でした。 調査によって数値も大きく変わることもあるということで、このデータで、日本には依存症患者がほかの国と比べて多いとは言い切れませんが、ほかの国と同様に依存症に苦しむ患者が日本にも多数いるのは間違いありません。 競艇で依存症となり、祖父と父もパチンコで依存症となった田中紀子さんに話を聞きました。田中さんは、NPO法人「ギャンブル依存症を考える会」の代表を務めています。 「パチンコなどがこれほど街にあふれている国はほかにない。なのに依存症についての理解は低く、対策も置き去りになってきたのが日本の現状だ」。

コメント