成功

海外送金方法を目的別にうまく使い分けよう!

インスタントキャッシ海外送金 31393

送金方法にはどのようなものがあるの?

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:、以下 ガイアックス)とトランスファーワイズ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:越智 一真、以下 トランスファーワイズ・ジャパン)は、本人確認業務代行において、業務提携することで最終協議することをお知らせします。トランスファーワイズは、ガイアックスが提供するAPI型本人確認サービス「TRUST DOCK(トラストドック)」を導入し、利用者の新規登録時における迅速な本人確認を実現します。 本人確認サービス「TRUST DOCK」では、APIを通じてお客様の申請情報と身分証画像をシステムにお送りいただくことで、60分以内に本人確認の結果を返答します。これにより、フィンテック事業者は本人確認の管理画面やオペレーターを用意することなく、低コストで本人確認をおこなうことができます。 さらに、反社会的勢力データベースや公的要人データベースを用いたリスク確認業務から、書留など転送不要郵便での郵送での本人確認業務にいたるまで、犯罪収益移転防止法・携帯電話不正利用防止法における非対面での本人確認業務を一気通貫しておこなうことができます。さらに、個人番号取得業務にも対応し、海外送金サービスなどにおいて、個人番号取得と本人確認業務を同時におこなうことも可能になりました。年度に社の導入を目指します。 フィンテック業界のうち、国際送金など一部の事業者においては個人番号 マイナンバー の取得が必須となっています。「TRUST DOCK」では、APIで送付する身元確認書類に加え、個人番号書類を同時に送付することにより、番号法に準拠した個人番号取得業務をおこなうことが可能です。個人番号取得業務における安全管理措置にも対応し、フィンテック事業者が自社で環境を構築するコストよりも安価に業務を委託していただけるようになります。 今回のトランスファーワイズ・ジャパンとの提携は、「身分証確認業務」と「個人番号取得業務」を範囲として、年秋頃の業務開始を目指します。 本当の為替レートが適用された隠れコストがない海外送金を実現する、オンライン海外送金の「トランスファーワイズ・ジャパン」にて、API型本人確認サービス「TRUST DOCK」の導入を予定しており、今後、増加する新規口座開設時のスムーズな本人確認において、両社で協議を重ね、導入する予定です。

メインナビゲーション

留学ホーム 留学AtoZ 留学お役立ち記事 海外送金方法を目的別にうまく使い分けよう! 海外留学やワーキングホリデーなど、海外で生活する上での送金は切っても切り離せない大切な手続きです。 そこで送金方法や手数料についてご紹介したいと思います。 海外で生活をするにあたって、日本から学費を送金したり、家族から海外に送金してもらったりという状況が出てきますよね。その際の送金方法について、いくつかご紹介したいと思います。 まず1つ目は、銀行送金。 日本の銀行から海外の銀行への直接送金です。 現地で銀行口座を開設した場合、そのまま日本の銀行口座と同じように使うことができます。 2つ目は、キャッシュパスポートです。 こちらは日本であらかじめキャッシュパスポートというカードに入金をし、現地のATMにて現地通貨で引き出せるというものです。 3つ目は、海外でも利用可能な銀行口座をつくることです。 海外でも利用できる銀行口座はいくつかありますので、開設しておくと便利かもしれませんね。 日本で口座に入金しておいたお金をそのまま海外のATMでも利用できることがメリットです。 留学期間や送金目的によって送金方法を使い分けることがおすすめです! 長期滞在であれば、銀行送金。 現地で銀行口座を開設する方も多いですし、現地の銀行口座に送金してもらい必要な時にお金を引き出したり預けたりできるので日本と同じ使い勝手で利用できます。送金の手数料は1,~8,円ほどが目安のようです。 そして短期留学であれば、キャッシュパスポートに送金する方法が便利です。 指定の日本の銀行口座に振り込むと現地通貨でキャッシュパスポートへ送金され、世界の国・地域のATMでお金を引き出すことができます。 キャッシュパスポートへの入金の手数料は送金金額の1%で、ATMで引き出した際の手数料は日本円で~円ほどです。 お金の送金は海外で生活をするうえでとても重要になるので、自分に合った方法で利用しましょうね。

だから選ばれる、セブン銀行海外送金サービス

1 Manila. kintaro COD 12 20 42 RWM. RWM.

こんなことで、お困りではないですか?

Paradox Live. Re: Rewrite.

コメント