成功

【スペイン】カジノで換金すると得?損?おすすめ両替所を紹介

両替事情エベレストカジノ 58782

バナー・ベラジョンカジノ

ラスベガスは究極の エンターテイメントシティ 。カジノだけではなく、観光中は お金を使う場面 がたくさんあります。 アメリカでは クレジットカードを メインで使おうと考えている人も、ラスベガスではチップをはじめ、あらゆる場面で現金は必要! そもそも 日本円からアメリカドルへの両替 は、日本とアメリカのどちらでするのがお得なのでしょうか。ラスベガス旅行に出かける前に知っておきたい両替の基本知識を紹介します。 日本円をアメリカドルを両替する場合、一般的にはアメリカ現地よりも 日本で両替するほうがお得に なります。その理由はいたって簡単。アメリカドルは世界的に通用する通貨なのに対し、日本円は主に日本でのみ使える通貨なので、 アメリカ国内では日本円の価値が下がってしまう ためです。 最も避けるべきなのはアメリカの空港での両替 。日本で両替したときと比べて、10,円を両替したときに受け取れるドルの価値で 円ほどの損 をしてしまいます。 上記で紹介したように、米ドルへの両替は可能であれば 日本での両替がベスト ですが、ラスベガスで現金が足りなくなった場合には、 現地で両替 する必要が出てくる場合もあるでしょう。

今アゴダユーザーがチェックしている宿泊施設

香港ドルの話をする前に、まずはマカオのカジノに行くための予備知識をおさらいしておきましょう。知っているよ!という方は 「香港ドルの両替方法」 まで飛んでくださいね。 では早速マカオの通貨ですが、冒頭でも話したとおりマカオの現地通貨は「パタカ(MOP)」です。しかし、カジノ内を含め、マカオでは一般的に「 香港ドル(HKD) 」が使用されています。 カジノ内には必ず両替所があり24時間営業ですので、困ったときはすぐ両替できるのは便利ですね。また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、日本円から香港ドルへの両替はATMを使うのも良さそうです。詳しくは本記事のこの先で解説しています。 引用元: get4x。 平日の昼間にまとまったお金を両替するなら、現地の銀行がオススメです! 特に大豊銀行 Banco Tai Fung は両替レートが良いと評判です。レートは1JPY=0。 アウター・ハーバー・フェリーターミナル(外港客運碼頭)にある「葡京找換(Lisboa Money Exchange)」という名前の両替所です。フェリーでマカオに来た際は、ここで両替を最初に済ませておくと良いですね。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

マリーナベイサンズのカジノは24時間営業。 日本人はパスポート持参であれば、無料で入場できます。 ハンドバッグ程度は持ち込めますが、それ以上の大きさのものは持ち込めません。 クロークに預けることになります。 場内は広いですが、人も多いです。 禁煙・喫煙フロアが分かれているのは、非喫煙者にとってはうれしいところです。 お金が足りなくなった場合(笑)、場内で両替ができます。 但し、レートは良くありません。持ち込んだ分だけで遊ぶのが賢明だと思います。 昨年 訪れて 今回再訪問しました。入口で登録するとカードを もらえます 。ゲームをするとき そのカードを 機会に挿入すると00さん と名前が 表示され  100ドル 入れてゲーム 、スロットなどすると ポイントが たまる様です!カードを今回 作りいれてみましたが 最初 入れ方が悪く ポイントならず!次回又使えると言う事で記念に 持ってきました。 2ドルのスロットで遊美 初めて 大当たり!!!100ドル入れて 遊んでいたら 1回目は36ドル 当り 続けていたら第2位1680ドル出ました。 初めてです。  確かに はまりますね 即チケットから 現金に換金し 家族の元に 行き カジノの レストラン 中国料理店で カメゼリーを いただき タクシーで ホテルに 帰りました。行く前にいくらまで使うか決め パスポートを 必ず 持っていくこと それが ないと入場できません メンバーカードは 館内で 遊ぶポイント 身分証にはなりませんので! ゲームポイントが 有れば カジノ内の飲食店で 現金として使用出来たり カジノ以外の 店で割引に 成ったりします。 同じ遊ぶなら 少しでもポイント和 貯めましょう!ハンドバックなど 身軽で行くこと荷物は入口で預かりますが パスポートの身分証明を提示します。 厳しいです 出る時も同様に シッカリチェックしてます。でも 楽しいところですはまりますよ! 入り口で荷物を預けて セキュリティは万全 、パスポートチェック ないと入れません を受けてやっと入場! 中はとても広くどれで遊ぼうか迷うくらい… ボードゲームもマシーンゲームも余るほどあるので色々吟味してください! 僕はルールとか知らなかったのですが、ちゃんと親切に教えてくれました! 何だかんだ負けちゃいましたが、とても楽しかったです! ちなみにフロアーで分煙されていました。 中に入るためにパスポートが必要です。2回ほどチェックされます。荷物を預けるところも入口にあります。アルコールはのんでいませんが、そのほかの飲み物は無料です。 ただ、たばこ臭いです。結構、灰皿がそのまま放置されていて、片付いていませんでした。ラスベガスに比べるとちょっと見劣りしてしまいます。 日本にはカジノはないので、旅の思い出ぐらいで行ってみるのがいいかもしれません。 先日マカオに行った時は時間が無くてカジノ訪問できなかったのですが、今回は夜の会食の後マリーナ・サンズ・ベイの1階にあるカジノに行きました。入り口ではパスポートの表紙を見せるだけです。ATM はカジノの外にあるので軍資金を仕入れるなら入場前が良いでしょう。中は1階と地下の広大なフロアで構成され、ラスベガスのようにアルコールは無料で呑めません。コーヒーなどは無料です。私は「大小」という三つのさいころの目の合計が10以上かどうかを賭けるゲームをやり2万円ほど勝ちました。退場時もパスポートを見せます。カジノの直ぐ外のタクシー乗り場は混んでいるので、ホテルの正面の乗り場を利用すると良いと思います。

コメント