成功

日本から気軽に行けるアジアのおすすめカジノ|厳選5ヵ国(マカオ、韓国、シンガポール、フィリピン、カンボジア)

アジアシンガポールカジノ 57586

大人だけの非日常世界を体験

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 「日本から気軽にいけるアジアのおすすめカジノ」 についてご紹介していきたいと思います! カジノと言えば、 ラスベガスやヨーロッパとイメージする人も多い かと思いますが、 実は日本から近いアジアにも魅力的なカジノが数多くあります。 特にオススメなのが 「マカオ」「韓国」「シンガポール」「フィリピン」「カンボジア」 の5つで、カジノ初心者でも行けるカジノが数多くあるので是非チェックしてください! マカオのカジノは 年にラスベガスのカジノの売上を抜き、世界一のカジノ大国として有名 です。カジノゲームで特に 人気なのがバカラとシックボー で、2つのカジノゲームはマカオが発祥とされています。

バナー・ベラジョンカジノ

シンガポール 海外の観光スポット。 トラベルクリエイター Vista。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

ラスベガス・サンズ(LVS のロブ・ゴールドスタイン社長兼COOは、今年ビジネスが通常の状態に戻り始めると、同社のシンガポールのリゾート、マリーナベイ・サンズ MBS でのカジノ営業は、マカオでの営業よりも社会的距離措置による影響を受ける可能性がはるかに高いと警告している。 マカオでは、一旦営業を再開して、14日間の隔離措置が終了し、IVS 個人訪問ビザスキーム が復活すれば、かなり上手くやることができ、社会的距離は最小限の影響しか持たないだろう。シンガポールは、逆に社会的距離の影響を受けることになるだろう」と述べた。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。

コメント