口コミ

日本の5年間のライセンス期間がIR事業者の資金調達への最大課題として浮上

ライセンス世界一カジノ 53118

カジノ大手が日本撤退宣言、原因は制度不備

サクセス・ユニバース・グループ〔実徳環球〕 がマカオのカジノ経営権取得に関心を示しているという報道があっ た。 実徳環球Gは、香港証券取引所に上場している娯楽関連企業で、 賭博や旅行事業を中心に展開している。 マカオではSJMホールディングスのサブライセンスで「 ポンテ16」の運営に関わっている。 マカオの英字経済誌「マカオビジネス」が報じた内容によると、 実徳環球のホフマン・マー(馬浩文) エグゼクティブダイレクター兼副主席がマカオのカジノライセンス 取得に動き出したと言わんばかりであるが、香港経済日報の「 マカオのカジノライセンスについて入札が行われるとしたら」 という取材に馬浩文氏が「もちろん関心がある」 と語っただけのこと。 日本での報道は意図して誤報を流したものだが、 実際には実徳環球のに出資したものだ。 いずれにせよ、 マカオでは年内にカジノ産業に関する中期計画策定に入る様子も伺 えるので、新たな話題になりそうだ。

世界の果てまでイッテQ! イモト カジノ


コメント