口コミ

MOTOGPライダー、モルビデリが堂々ポール獲得!SSTクラスは日本のTONE RTが首位に。

から出金する方法ポールポジション 32319

荳肴・縺ェ轤ケ縺後≠繧句エ蜷・

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 総合ポールポジションを獲得した「 21 Yamaha Sepang Racing」は地元・マレーシアのセパンサーキットが中心となったチームで、ライダーラインナップはフランコ・モルビデリ(MotoGP)、ハフィス・シャーリン(MotoGP)、マイケル・ファン・デル・マーク(スーパーバイク世界選手権)という圧倒的な実力派揃いのチームだ。 ヤマハYZF-R1にブリヂストンタイヤの組み合わせという安定のパッケージで、ピットはEWCのトップチームである「 7 YART YAMAHA」と共有。実質的に同じパッケージと考えられる耐久用スーパーバイクで、凄まじい走りを見せたのがフランコ・モルビデリだった。

モルビデリが格の違う速さを披露

今回は、ハワイ初体験の当店メカニック「石黒」を含む、メカニック4名プラスBMWおたく「K氏」の、総勢5名による整備です。この人数では、かなりの整備が期待できます。日本からツナギを持ち込み、意気揚々。 ポールポジションが誇るこのメカニックに掛かれば、どんなトラブルも解決できると自負しています。 さて、いつものようにUI氏からメールが入りました。 前回修理したはずのリゾネーターが、再びボロボロになって排気漏れを起こしているというのです。 日本とはまるで違い、検査が相当甘いはずのハワイの車検で、指摘された様子。 今までは補修程度の修理でごまかしてきましたが、ついに限界が来た!といったところです。 聞くところによると、海が近いという土地柄意外にも、どうやらUI氏の使用方法にも原因がありそうです。 なぜならば、高速道路などで高スピードで走行することがない点。 せいぜい、ワイキキとアラモアナ間10~15分の往復と、近所の郵便局や銀行、その他買い物程度しか使用していないとのこと。 なるほど。ワイキキを知る方ならばご存知だと思いますが、狭い範囲内に全てと言ってもいいほどの生活機関等が集結しているこの街には、ヘタをすると車さえ必要ないかもしれません。ましてやこの場所で仕事をする人間にとって、高速を走る必要性がないと言ってもおかしくありません。 しかし、それでは車にとっては運動不足になってしまいます。たまには高速で飛ばしたり少し長い時間運転をしないと、様々な原因を引起すこともあるのです。 そのひとつとして、今回のようにマフラー内に水が溜まってしまい、それを排出せずに放っておくことで腐ってしまう。 なかなかマフラーが外れません。 やっとの思いでマフラーを外してみると、なんと繋ぎ目が張り付いている! 2人掛かりでもリゾネーターは外れません。 3人掛かりでも外れません。 格闘の末、やっと取り付け完了。 次に、プラグコード交換やエンジン内部の洗浄などを行いました。 UI氏が以前より、「信号待ちなどでエンジンが止まってしまう」 、「燃費が極端に悪い」などと言っていた点。これも今まで確認していましたが、時間の問題によって見送っていた部分です。 開けてみると。 毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。 似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。

コメント