口コミ

ビデオスロット『リトルレッドVSビッグウルフ』紹介&レビュー

カジノドルリトルレッドとビックウルフスロット 8210

【総額30000ドルのミッション】Yggdrasil社主催のサマーバイブス・キャンペーン。2本のイベントでキャッシュ大放出。

PG Soft社からリリースされたビデオスロット『 リトルレッドvsビッグウルフ Hood vs Wolf 』は、グリム童話「赤ずきん」がモチーフのスロットです。 メインゲーム中、リールに パワーシンボル が停止すると、停止数に応じて画面上部の リトルレッド と ビッグウルフ のスコアが増減し、全18スコアのコレクションバーを奪い合います。 パワーシンボルを獲得していくことで リトルレッド ・ ビッグウルフ のいずれかのスコアが満タンの18に達すると、 ボーナスフィーチャー (フリースピン)が開始します。 ボーナスフィーチャー は リトルレッド と ビッグウルフ の2種類あり、コレクションバーのスコアが満タンになったキャラクターのフリースピンがトリガーされます。 今回ご紹介した『リトルレッドvsビッグウルフ』は、 カジ旅 および ビットカジノ 、 チェリーカジノ でプレイすることができます。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

萌え系のスロットには興味無いなー。なんて人も意外とハマってしまう面白いスロット「Hood vs Wolf(リトルレッド vs ビッグウルフ)」に注目。 PG SOFT社(Pocket Games Soft)が、年7月にリリースしたスロットですが、今になって、日本語対応の各オンラインカジノに導入が進み、人気に火がついている。 スロットの作りは、モバイル向けになっているので、画面は縦長タイプのみの提供となるが、パソコンでも遊ぶことができる。 ゲームストーリーは、グリム童話の「赤ずきん」の様な雰囲気を持ちながら、「じゃんけん」を用いたアクションが上手に埋め込まれている。 登場絵柄は、通常・ボーナス時にも大活躍のワイルド絵柄を筆頭に、リトルレッドとビッグウルフの高位絵柄。 パン屋や花束、ビッグウルフの手や尻尾の絵柄が中位絵柄。 定位絵柄に、数字4種類となっている。 じゃんけんの要素が入っているので、両方のキャラクターの「グー・チョキ・パー」の絵柄が用意されており、それぞれの手が、同一スピンで停止した場合、じゃんけんで勝った方の絵柄に記載されている賞金が手に入る。

リトルレッドとビックウルフ: Hood VS Wolf)【オンラインスロット解説】

リトルレッドVSビッグウルフ(Hood VS Wolf)は、比較的新しいソフトウェア会社である、Pocket Games Soft社によってリリースされたスロットです。 童話「赤ずきんちゃん」をモチーフとして、日本人好みのキャラ設定がされており、演出にも日本語が出てくることで話題になっています。 日本人にはかなり親しみやすい作りで、特にアニメ好きにはおすすめです! リトルレッドVSビッグウルフ(Hood VS Wolf)の勝負の分かれ目となるのは、いかに早くパワーシンボルを出現させて、リトルレッドもしくはビッグウルフのパワーゲージを貯めるかという点です。 バトルゲージが貯まるまでに、ミニジャンケンフィーチャーによる配当をいくつ出せるかも勝敗の肝になってくるでしょう。 フリースピンには2種類のモードが用意されています。 リトルレッドのパワーゲージが貯まることで発生する「リトルレッドフィーチャー」と、ビッグウルフのパワーゲージが貯まることで発生する「ビッグウルフフィーチャー」があります。 実際にプレイしてみた感覚としては、アニメーションやビジュアルが綺麗で躍動感があるため、ずっと回していても飽きが来にくく感じます。 また、ところどころ日本のマンガで使われるような日本語の表現が出てくるため、親近感もあります。 リトルレッドVSビッグウルフ(Hood VS Wolf)の全演出一覧はこちら。

コメント