口コミ

スリーカードポーカーのルールと戦略

ベット戦略スリーカードポーカ 16047

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

Pairplusにのみベットした場合は、ディーラーとの勝負に関係なくカードが配られた時点で配当の有無が決まります。 (画像の手役は『ディーラー:5のペア』『プレイヤー:2のペア』で勝負自体はプレイヤーの負けですが、勝敗は関係ないので配当が貰えています)。 プレイヤーは自分の手札(役)を確認し勝負できると思ったら、さらに「Play」にチップを置きます。(この時、 「Play」に置くチップは「Ante」に置いたチップと同額 にしなければなりません) また、手札を確認して手役が無かったり自分の役が弱く勝ち目がない等の理由で勝負にならないと思った場合は、カードを伏せてディーラーに返す(勝負を降りる)こともできます。 (ただし、この場合「Ante」に対しベットした金額は没収されます)。 勝負に参加している Anteにベットしている プレイヤー全員が「勝負する Playにベット 」または「勝負を降りる カードを返す 」のどちらかの意思表示が出されたら、ディーラーは自らの手をオープンにします。 ディーラーと同様にプレイヤー側も手持ちのカードで既定の手役が出来てない場合であっても、手持ちの中に 「Q クイーン 」以上のカードがある場合はディーラーと勝負することが出来ます。

スリーカードポーカーのゲーム手順詳細

こんにちは!べスカジ編集部の華麗華恋です。 今回は スリーカードポーカーのルールや基本戦略 について解説します。 スリーカードポーカーとは、 中国発祥のポーカーに少しアレンジを加えたゲーム です。通常のポーカーとは 少しルールが異なり、簡略化されたゲーム となっています。 早速スリーカードポーカーについて説明していきます。 今回は出来るだけわかりやすいように、 ベラジョンカジノ で遊べるスリーカードポーカーの画像を用いて説明していきます。

スリーカードポーカーの画面説明

スリーカードポーカーはプレイヤー同士ではなく、ディーラーとの1対1の勝負 になります。プレイヤーは参加する際にアンティ(参加料)を払います。プレイヤーは自分が勝つかどうかに賭けるアンティの他に、自分のハンドで一定以上の役が揃うかどうかに賭ける「ペアプラス」にもベットすることができます。カジノによって変わりますが、アンティを支払わずにペアプラスのみにベットして参加することも可能です。アンティとペアプラスの両方に賭けることもできます。 ディーラーには裏向けに、プレイヤーには表向きに3枚ずつカードが配られます。スリーカードポーカーではカードの交換ができないため、この時点でプレイヤーはこのまま続ける(プレイ)か、降りる(フォールド)を選びます。プレイベットする場合はアンティと同額を賭けます。プレイベットは同額と決められているため、アンティより増やしたり減らしたりはできません。フォールドの場合、アンティは戻ってきません。 この時点でペアプラスの配当が決まりますので、ペアプラスのみに賭けていたプレイヤーはここで終了となります。 プレイにベットしたプレイヤーはディーラーとの勝負になります。この時、ディーラーはクイーンハイ(ノーペアかつA、K、Qのいずれかのカードがある状態)以上の場合のみ勝負をします。この条件を満たしていなければ、ディーラーは勝負を降りなければなりません。ディーラーが勝負を降りた際はプレイヤーに対してアンティと同額のチップが支払われますが、プレイにベットした分は引き分け扱いになり、配当を受け取ることができません。 ディーラーがクイーンハイ以上を持っている、かつプレイヤーのハンドがディーラーより強かった場合にプレイベットの配当を受け取ることができます。 ノーペア…1:1(2倍) ペア…1:1(2倍) フラッシュ…1:1(2倍) ストレート…1:1(2倍) スリー・オブ・ア・カインド…4:1(5倍) ストレートフラッシュ…5:1(6倍)。 ノーペア…なし ペア…1:1(2倍) フラッシュ…4:1(5倍) ストレート…5:1(6倍) スリー・オブ・ア・カインド…30:1(31倍) ストレートフラッシュ…40:1(41倍)。 スリーカードポーカーでの注意点は、通常のポーカーはストレートよりフラッシュが上なのに対し、 スリーカードポーカーではストレートの方がフラッシュより強い役になっている 点です。間違えないよう気をつけましょう。 プレイベットの場合、役が揃っていなくてもハイカード(スリーカードポーカーの場合はQ以上)があれば勝てる可能性があります。ディーラーが勝負する際は確実にクイーンハイ以上のハンドを持っているため、自分のハンドがクイーンハイ以上の手に勝てるのかどうかをしっかりと吟味しましょう。 クイーンハイ以上の手はキングハイ、エースハイとペア、ノーペア、フラッシュ、ストレート、スリー・オブ・ア・カインド、ストレートフラッシュです。かなり多いように感じますが、確率的にはかなり出にくいものばかりです。 スリーカードポーカーでノーペアが出る確率は74。

コメント