手順

マカオのカジノ「グランドリスボア」にも行ってみた【体験談】

プレミアムサンデーリスボアホテルカジノ 43040

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

エイビーロードなら、多くの旅行会社から海外旅行・海外ツアー・海外航空券の比較検討が可能です。現地発のガイド情報など、豊富な観光情報もご紹介。 日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。 エイビーロード SP版。

「ソフィテル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

resocasi さんのツイート。 コメント( 14)。 Elysee Bakery。 待ってました。 すごいですね、ちゃんと勝って帰られたのですね。素晴らしいです。 hkドルの勝ちは立派な勝ちですから! お寿司ですが、「金富寿司」さんというところを、グランドエンペラーの日本食の店長さんに 推薦されています。布鲁塞爾街63號にあります。(店の位置は確認済み) 〜、〜が営業時間です。 そんなに高くなくて、ちゃんとしたお寿司がいただけるところらしいです。 実はまだ私は行ってないのですが、次回行ってみるつもりです。 最初のヘリコプターから始まって、 波乱万丈の旅、本当におつかれさまでした。 また遊びましょう。 こんにちは。 中宝さん、前回に引き続き、たいへんお世話になりました。 バカラは、先行逃げ切りで2-0で勝つつもりが、9回裏に1点返されて、 何とか後続を断ったという感じです。(汗) 「金富寿司」、次回、使わせていただきます。 今後とも、現地情報の紹介よろしくお願いします。 マリタイムさん オフ会勝利おめでとうございます。 小生は中盤半千切りもやむなしの所にいき、終盤自ら作ったP13ツラで水面行きましたが、欲が出て結局若干マイナスにて終了しました。 レーシングゲームは3組目だったことと、meiさんにナビいただいたのでまぐれで優勝しちゃったようなものです。

「リスボア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

カジノ大国と呼ばれるマカオの中心街では、多くの煌びやかなカジノリゾートホテルが立ち並んでいますが、その中でもマカオを象徴するといわれる有名なカジノホテル、それが 「グランド・リスボア・ホテル」 です。 蓮の花をイメージしたユニークなホテルのデザインは、マカオに進出しているラスベガス系列のカジノを打ち負かすために、風水学に基づいて設計された マカオのこだわりを詰込んだ屈指のデザイン 。ラスベガスを超えるカジノ大国を目指している マカオを象徴するカジノリゾート なのです。 さらに、このホテルは、香港の実業家、 スタンレー・ホー 氏がオーナーを務めていることでも有名です。 実はこの方は、「ギャンブルの帝王」や「マカオの盟主」、「マカオのカジノ王」など、漫画の世界のような異名を持つほどの大富豪。ホテル内にはホー氏直々に寄贈した宝石や、アンティーク品が展示されており、数億を超えるものも珍しくないと、噂されています。 さらに、 各階の角部屋のみ、外が見える作り となっていますので、マカオの街を見下ろしながらのジャグジーで、まさにセレブな気分を味わえます! また、アメニティがすべてエルメスというのも、高級志向の方には見逃せないポイントです。もちろん、持ち帰りOKです。 入り口からも豪華な「グランド・リスボア」の、レストラン施設もまさに贅沢の極み。 有名なグルメスポットが多数併設されているので、慣れない土地を歩き回るのが不安という方も安心して、食事どころを探すことができます。

「マカオ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 全部で30を数える世界遺産を持つマカオですが、この街の名前を聞いて多くの人が思い浮かべるものは、やはり「カジノ」でしょう。 マカオではかつて国内の一社独占だったカジノ経営権を年に外資企業にも解放すると、アメリカやオーストラリア等の企業が続々と参入。以後その規模を拡大し続けているマカオのカジノは、カジノ産業全体売上げ約5兆億円という、なんとラスベガスの約7倍の売上げを誇る「世界一のカジノ」へと急成長を遂げました。 フジテレビの人気番組「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? マカオを訪れたのなら、もちろんカジノを楽しみたいところですが、実はマカオのカジノはその派手に輝く外観を眺めるだけでも十分に楽しめます。 写真は、マカオのシンボルとも言える「グランド・リスボア」。年オープンのマカオを代表するホテルです。マカオの中心地にドーンと聳えるこの高さメートル、53階建ての超高層ビルは、マカオのカジノの発展を象徴するランドマークとなっています。 超近代的でスタイリッシュな独特のデザインは、蓮の花をイメージしたもの。建物下部のドームが大規模なカジノ、その上のタワー部分がホテルとなっています。 日中、南国の強い陽射しを受けて眩しいほどの黄金に輝くグランド・リスボア。その威風堂々とした圧倒的な勇姿には、「カジノの王様」といった風格が漂っています。 ちなみに、現在のマカオの「王様」に相当するのは、マカオ特別行政区行政長官である崔世安(サイセイアン)氏です。

コメント