手順

【2019年版】ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE)の評判や登録方法、ボーナスを紹介!

ライブカジノハウスユーロからドル 51335

対応オンラインカジノ数ランキング

今回はその中で、電子決済サービスについてご紹介します。 ライブカジノによって電子決済サービスにどのように対応しているのか、その比較ポイントを含めて詳しく説明します。 電子決済サービスの口座に日本円でお金を入れれば、そこからライブカジノで必要な通貨に換算してアカウント口座へ入金できます。 逆にライブカジノのアカウント口座からUSDなどを電子決済サービスの口座へ出金し、そこから自分の口座へ送金する場合には日本円に換算することになります。 エコペイズで特に注意が必要なのは、アカウント口座の通貨を何にするかです。エコペイズは入金元の通貨をユーロ EUR とカナダドル CAD 、英ポンド GBP のいずれかで処理します。つまり、日本円で自分のエコペイズの口座へ入金する際には、一度、英ポンドに換算してから口座で指定した通貨に換算するという、2回の為替手数料が発生することになります。 ここに米ドルはありませんし、ライブカジノはほとんどが米ドルでベットします。しかし中にはユーロでベットするライブカジノもあるので、 とりあえず口座の通貨はユーロに設定しておくとよいでしょう。 しかし出金専用として使うことになるヴィーナスポイントの出金限度額は、エンパイアカジノの場合はエコペイズのアイウォレットと同様に、50ドルから5,ドルとなっています。 これだけの金額を引き出せれば、初心者の方も当面はこのエンパイアカジノで十分ではないかと思います。 出金に関しては無制限とあります。ただし通常は1ヵ月あたりの引き出し限度額が,ドルに設定されています。 この限度額は、サポートチームに連絡をすれば引き上げてもらうことができます。 処理時間は入金と同様に24時間以内となっています。

ボーナス/ウェルカムボーナスオファー比較

ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE) といえば 年にできたばかりの新しいオンラインカジノ です。 ライブカジノハウスでは業界最多となる10種類のライブスタジオを持つオンラインカジノで、Evolution Gaming社やMicrogaming社といった業界内でも大手のプロバイダーと契約しているため 面白いゲームの数々を楽しむことができます 。 そして、提供しているソフトウェアによってライブカジノも雰囲気が変わるのですが、そんな ライブカジノのスタジオを10種類用意 しているため、自分に合ったライブカジノでプレイすることができます。

ライブカジノハウスを徹底レビュー検証

オンラインカジノ の 入金・出金に使えるサービス は、年々増えていますが、手数料やサービスの内容は異なり、どの決済サービスが一番いいかとは一概には言えません。そこで、ここでは、サービスごとに手数料や使いやすさを比較し、ランキング化しました。 例えばドルをVISAカード経由で入金した場合、一番手数料の安い エコペイズ では3。 ジェットオン の手数料は、レートが低いものの、手数料の最低額が25ユーロと設定されているため、ユーロ以上の入金(手数料25ユーロ)から、0。 アイウォレットとスティックペイに関しては、独自のプリペイドカードも発行しており、ATM出金や世界中のショッピングで利用できるなど、大変便利です。ただし、ATM利用時の手数料はやや高めなので、こまめな出金にはあまり向いていません。アイウォレットカードの詳しい手数料は こちら から、スティックペイカードは こちら からご確認ください。

コメント