手順

世界のカジノスタイル

ランドイタリアカジノ 47838

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。 またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要となりますが、地方都市のクラブは無料のところも多く存在しています。 クラブでのカジノは、アルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所として運営されている他に、ディーラーへのチップも禁止されていることもイギリスのクラブカジノの特徴といえます。 カ・ヴェンドラミン・カレルジ 年から営業している「世界最古のカジノ」のひとつとしても有名で、さらに音楽の教科書にも登場する世界的な作曲家であるワーグナーが亡くなった所としてもよく知られています。 この現代統合型リゾート(Integrated Resort)の先駆的な存在は、アメリカラスベガスがその代表格といえます。 「テーマカジノ」とは、建物全体やサービス演出にひとつのテーマコンセプトをつくり、カジノのみならずショーアップや遊園地・保養的サービス施設を付したリゾート施設と融合したエンターテイメント性の高いカジノでのリゾートを意味します。昨今の統合型リゾート(IR)のベースと言えるスタイルです。

みんなが見ている人気記事

どのシーズンに行くのがいい? ベネチアは一年中いつ訪れても素晴らしい表情を見せてくれる都市です。 春の気温 は 15〜23 度、夏には 35 度まで気温が上がることがあります。秋は霞がかかり、20 度程度で快適に過ごせるでしょう。観光客の混雑を避けたい場合は、9 月または 10 月が、街を訪問するのに最適な時間です。 ベニスでは、ローマ広場のターニングエリアを除いて、車は使用できません。ベニスを周るには、徒歩、ボートやゴンドラ、水上タクシー に乗ります。町を散策するのは比較的簡単ですが、当然のことながら、もし病気や年配の方、車椅子の場合には、少々不便を感じるかもしれません。道は大抵ガタガタとしており、橋は、階段で設計されています。ベビーカーは、ベニスには向かないかもしれません。車椅子の場合には周りの人の助けを借りて移動することをお勧めします。 世界初のカジノはベニスにあったと言われています。 年にカジノが建設され、国際的な注目を与えました。ベニスのカジノ、カジノ・デ・ベネチアは特別です 〜 カジノ・デ・ベネチアは街全体のあちこちにあるんです。理由は、あらゆるところが水の道だらけなので、 ベニスではカジノを増築することができなかったからです。

コメント