万華鏡

学資保険の返戻率の罠!本当の貯蓄性は数字だけでは計れない

返還率セガサミカジノ 66317

学資保険の返戻率とは

そこでザイ・オンラインでは、連載記事を執筆してもらっているクレジットカードの専門家の2人、岩田昭男さんと菊地崇仁さんに、特徴が異なる7部門について、部門別の「年の最強のおすすめクレジットカード」を選んでもらって、「クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 」を決定した! ……続きはこちら! そんな中で異彩を放っているのが、年に日本で最初に発行された「ゴールドカード」としても知られる「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)」だ。というのも、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の年会費は2万円(税抜)という高額な設定なのだ ……続きはこちら! しかし、実際に「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」や「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」などを愛用している、クレジットカード専門家の菊地崇仁さんは、「年会費が高すぎるということはありませんし、カードに付帯する特典を活用すれば、むしろ安いくらいです」と言う。はたして、その理由はどこにあるのだろうか。

返還率セガサミカジノ 46533

「予定利率」は保険料の割引に用いられる

もしそうだとしたら注意が必要です! 返戻率は確かに貯蓄性をあらわす目安です。しかし、 単純な返戻率の比較だけでは、本当によい商品かどうかはわかりません 。 たとえば、総額万円の保険料を支払う場合でも、契約時に一括で万円を支払った場合と、毎年10万円ずつ10年かけて支払った場合では、同じ利率で運用したとしても契約から18年後に受け取れる金額は違ってきます。 一括で万支払った場合は生命保険会社は万円を18年間運用できますが、10万円ずつ10年間の場合は万円すべてを運用できるのは8年間だけで、それ以前の10年間は万円より少ない金額しか運用できません 。細かい計算をしなくても、一括で支払った方がお金が増えることはおわかりいただけると思います。 つまり、 こどもが生まれたときに低解約返戻金型終身保険に加入して10年とか15年くらいまでの間に保険料を支払い終えれば、こどもが大学に入学する18年後に解約して、支払った保険料以上の解約返戻金を受け取ることができます。

1.学資保険を見直すタイミング・理由とは?

学資保険を考え始めたママパパにとって、気になる言葉といえば『返戻率』ではないでしょうか?学資保険はわが子の初の保険選びとなる場合も多く、ママパパにとっても返戻率という言葉は耳なじみがないかもしれません。 しかも、この返戻率が学資保険選びの重要なポイントと言われると、ますます気になりますよね。周りでよく聞く「学資保険の決め手は返戻率」は本当なのか?この機会に一緒に考えてみましょう。 まず、いつ学資金を受け取りたいのかを決めます。 大半のご家庭が『大学進学前後』を学資保険の満期時期に設定していますが、商品によっては大学入学後しか受け取れないなど、欲しいタイミングで支給されないケースや、逆に入学祝いなどでこまめに受け取るプランもあります。各社多彩な商品プランが用意されていますので、まずはわが家の希望を明確にしておきましょう。 そもそも学資保険とは?という方は こちら をご覧ください。 まずは 「かんたん保険料試算」 と 「資料請求」。

コメント