万華鏡

まだ見ぬカンボジアに出会う小旅行へ―現地発カルチャー&旅行情報誌「クロマーマガジン」

ナイトパーティーカンボジアカジノ 25840

プノンペンでダンスが踊れるクラブ

タイ国内最大級の川、チャオプラヤー川はバンコク都民の交通や生活に深く関わっており、有名な暁の寺やワット・プラケオもその川に面している。その川沿いに今年4月、エンターテイメントスポット「アジアティック・ザ・リバーフロント」が新たにオープンした。  施設内は以上ものショップや40ものレストランが建ち並ぶ。ほかにもニューハーフショーで知られる「カリプソ」が8月にオープン予定、年末には「ジョールイス伝統人形劇館」が完成するなど、買い物だけには留まらないスポットになりそうだ。   17時から真夜中まで営業しているこの施設には日が暮れてから人々が集まる。お土産を物色する観光客以外にも、タイ人の若者が買い物をする姿も多く見かける。レストランはタイ料理はもちろん、釜焼ピザのイタリアン、シーフード、中華、和食からフランチャイズ店など多岐に及ぶ。値段もリーズナブルなお店から高級感漂う店まで幅が広い。夜遅くになっても、どこのレストランも満席だった。  オープンしたばかりなのにすでに大盛況の「アジアティック・ザ・リバーフロント」、バンコクにお越しの際には一度足を運んでみては? ここ数年、建築ラッシュが続くホーチミン市では、高層ビルの建設が目白押し。そして、その上層階に増えているのが夜景を楽しめるバーだ。  その代表格といえるのが、ABタワー26階にある「Chill Skybar」。もちろん他国と比べて超高層とまではいかないが、高い所が苦手な人は怖くなるほど。眼下に行き交う無数のバイクを眺めながら手軽にカクテルを傾けられる、絶好のスポットとなっている。また、ホーチミン市最高層ビルである「ビテクスコファイナンシャルタワー」の50階にもレストラン&バーがオープン。地上mと、市内で最も高い場所から、ホーチミン市の大パノラマを楽しむことができる。  これらのバーは料金も概して高め。「Chill Skybar」の場合だと、カクテル1杯19万VND~。すぐ近くのバックパッカーエリア「デタム通り」のバーと比べ、倍近い料金設定となっている。しかしポール・マッカートニーやレディ・ガガなど、世界のセレブを相手に腕を振るってきたというバーテンダーの指揮の下つくられるドリンクの数々は、どれもとびきりの美味しさだ。  ちなみに客層はベトナム人が主流。富裕層が増えるにつれ、こうした高級店で夜を楽しむ地元っ子が増えており、ベトナムの経済成長をほんの少し垣間見られるのも面白い。 今やすっかりシンガポールの新しいランドマークとなったマリーナベイサンズ。カジノ 、ショッピングモール、数多くのダイニングやシアターなど、様々な設備を備えた複合高級ホテルに昨年相次いで3つのクラブがオープン。ナイトシーンを熱くリードしている。  地上メートルの空中庭園にある『KU・DE・TA』は、パノラマティックな眺めが圧巻。3つの中では最もツーリスト率が高くカジュアルな雰囲気。ハリウッド発の『AVARON』は、海に浮かぶガラス張りのエッジーな外観が印象的なクール&ゴージャスなクラブ。最先端のフルカラーレーザー光線による演出と、ラグジュアリーな雰囲気にローカルセレブ達も朝まで酔いしれる。NY、ロンドン、マイアミなどの大都市で伝説のウルトララウンジと呼ばれた『Pangae』もお目見えした。ヨーロッパの「会員制クラブ」を思わせる行き届いたサービスと、洗練された雰囲気がお気に入りの欧米系セレブが通いつめる、大人のスペシャルスポットだ。バリエーション豊かな3つのクラブが一挙終結したマリーナベイ。週末の夜ともなれば、3つをはしごするクラバーも多いとか。 マガジン ニュース 街歩き 遺跡 国情報 アーカイブス 会社案内。

海外観光ページをみる

この2つのビーチには、多くのリゾートホテル建ち並びますが、中でもプライベートビーチを持つ「ソカ ビーチ リゾート シアヌークビル」は、のんびりラグジュアリーなリゾート気分を味わうことができる高級ホテルです。 王宮の一番の見どころは、Throne Hallと呼ばれる「玉座のある広間」です。建物の内部は、豪華絢爛で、まばゆく光り輝く装飾が建物の内側にちりばめられています。建物の内部は写真撮影禁止なので、美しい装飾をじっくりとご自分の目で見学しましょう。

あわせて読みたい観光コラム

美しいビーチと近代的な都市が融合する街「 ゴールドコースト 」 。近年は日本からの直航便も出ているため、多くの日本人観光客が訪れています。昼は海で自然を満喫し夜はパーティーといったように、様々な楽しみ方ができるのがこの街の特徴。 ゴールドコーストのカジノといえば 「ジュピターズ・ホテル&カジノ・ゴールドコースト」 になります。ここではジュピターズ・ホテル&カジノ・ゴールドコーストの魅力について徹底紹介します。 ゴールドコーストの ブロードビーチアイランド に位置するこのホテル。空港や サーファーズパラダイス へもアクセスが簡単なため、ゴールドコーストを訪れる観光客に非常に人気があります。カジノから歩いていける距離に ビーチ もあり、街の象徴のような存在となっています。 カジノ内には様々なゲームが用意されています。 ルーレット や ポーカー はもちろんのこと、テーブルゲームも充実しているので誰でも楽しめること間違いなし! 入館にあたり、注意するべき点が3点あります。1点目は ドレスコード があること。カジノに入るにはドレスコードが存在するため、サンダルやスニーカー、Gパンのようなラフな格好は避けるようにしましょう。男性はジャケットやシャツ、女性は長い丈のボトムスといった スマートカジュアル が無難です。

コメント