万華鏡

【フィリピン編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル

高級カジノリゾート侍ジャパンスロット 46253

株式会社アクロディア

しかし、流行のカジノ集客に乗り、国策で巨大カジノを4つ建設し、今では マカオを凌ぐとも言われているのがフィリピン です。年は新たにもう一つオープンする予定です。 ディナー付のカジノツアー なんかもありますので、自力で行くのが不安な人は利用してみても良いかと思います。

~コロプラのカジノゲームがiOS版でついに登場!リゾート育成×カジノで遊び尽くそう~

IRというのは「Integrated Resort」の事で、日本語にすると「統合型リゾート」という事になります。 国際会議場やら、展示施設、文化芸術を生かした公演などで、滞在型の観光客を呼び込む施設のことなのですが、その目玉が「カジノ」というわけです。 何故「カジノ」が、話題の中心になるかと言えば、大きなお金が動く施設だからなのだろうと僕は思っています。 日本にいながら、堂々とギャンブルを楽しむ場所が出来るというインパクトもあるのでしょう。 ですが、日本には「カジノ」は無くてもギャンブルを楽しめる場所は結構多いのです。 競馬、競艇、競輪、オートレース…そして、パチンコ、パチスロ。大きな意味で捉えれば宝クジなんかもギャンブルに含まれますよね。 宝クジはギャンブルというイメージは少ないので拒否感を持つ人は少ないですが、競馬や競艇などのように、だいぶメジャーなイメージが定着したものでも、ギャンブルに否定的な感情を持つ人は多いです。 実際の数字は分かりませんし、個人的な見解ですが、「貧しい人間が一攫千金を夢見て、なけなしの金を賭ける」といった印象が既存のギャンブルでは圧倒的に強いです。 ギャンブルにハマり、身を持ち崩していくのは、元々、ゆとりのある生活をしていなかった人である事が多いように感じているのは僕の偏見でしょうか? ですが、新しく造られるカジノでは、そこそこの入場料を取り、高級感を強調していこうとしているように思います。 小銭を握りしめて気軽に入れるような場所を作るわけではないでしょう。 ギャンブル依存症の対策でもあるのでしょうが、ある程度の富裕層から、まとまった金を得ようとする狙いもあると僕は思っています。

遊びに行く前に知っておきたい!フィリピンカジノの特徴

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。 しかし、 近年は治安改善が前進したことで海外企業が参入し、魅力的な大型カジノリゾートがどんどん誕生しているんです。 フィリピンカジノは入場無料で、21歳以上であれば入場できます。 入場時にパスポートチェックがあるので、いつでも出せるようにしておきましょう。 一応荷物検査もありますが、厳しいチェックではありません。 ドレスコードはスマートカジュアルです。 男性はブレザー、長ズボン、襟付きのシャツ等、女性はドレス、カジュアルドレス、パンツスーツ等の装いが認められています。 以下のNGに引っかからなければ、そこまで気合入れた服装でなくても問題ありません。 ・短パン ・袖なしシャツ ・タンクトップ ・ノンスリーブ ・サンダル ・サングラス ・ロングコート。 出典: ソレア・リゾート・アンド・カジノ-Wikipedia。

コメント