万華鏡

マカオ旅行でかかる費用は?2泊3日の平均予算や節約方法をご紹介!

ギャンブルマカオ直行便が安く購入で 45129

東京発マカオ行き格安航空券の価格比較

夏休み豪華クルーズ 6~8月出発。 ダイワグループのマカオ専門情報サイト。 マカオ関連の旅行・航空券・査証・ホテル・コンベンション・マカオ生活・マカオリンク集など情報満載。 マカオ航空・マカ割・エアマカオ格安パックの予約。 ダイワグループでは、マカオ航空をLCC(ラッキー・カム・カム)と呼び、縁起が良いと好評です。 最安値往復2万円(60日前予約) 2019年12月・年末まで 予約受付中 、マカオ航空 料金早見表確認の上ご予約下さい。 マカオ旅行センタービジネスクラスパックキャンペーン! マカオ往復ビジネスクラス 8,88万円 。 キャンペーンあり。働き方改革が 実施されます。連休を取得し、世界遺産の街・マカオへ。 マカオ航空は、2020年 3 月まで マカ割 ・ ビジ割 ・ ビジエコ の予約受付中。 特別運賃設定 2,0万円 ( 60日 前予約で)。 新型コロナウイルスの 発生に関して ・外務省    ・厚生労働省。

東京発マカオ行きに関するフライト情報

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 ポルトガル統治時代の面影を残すコロニアルな町並みが魅力のマカオ。香港とセットで訪れることも多い人気の海外旅行先のひとつです。 そのため大手旅行会社各社がツアーを企画しており、どのツアーを選べばいいか迷ってしまうことも。今回はマカオツアーを選ぶ際のポイント、ベストシーズンなどを詳しく解説。あなたにぴったりのマカオツアーの探し方をご紹介します! 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 一般的なマカオツアーは3~4日間。東京~マカオ間のフライトは往路は夜着、復路は朝発のため、移動日はほとんど観光できません。そのためマカオ観光のみの場合は3日間、香港も一緒に観光する場合は4日間の行程がオススメです。マカオの広さは東京都世田谷区とほぼ同サイズ。効率よくまわれば1日でも十分観光できますよ。 ここではどんなスケジュールでマカオを楽しむ方が多いか、目的別にご紹介します。 <世界遺産観光コース> ポルトガル統治自体の町並みは世界遺産に登録され、聖ポール天主堂跡やモンテの砦をはじめ見どころが多数。セナド広場を中心にコロニアルな町並みをじっくり散策するコースです <コロアン島・タイパ島満喫コース> 北部の大陸につながった半島と南側の島々からなるマカオ。古き良きマカオの町並みが残るコロアン島のコロアン・ヴィレッジ、お土産屋やカフェやレストランが立ち並ぶタイパ島のタイパ・ヴィレッジなど見どころ満載です。 <コタイ地区・カジノ満喫コース> マカオといえばやっぱりカジノ!大型カジノリゾートが次々登場しているコタイ地区はマカオきっての再開発エリア。ショッピングモールも充実しています。上記2コースと組み合わせてもよいでしょう。 ツアーを選ぶコツを一通り学んだところで、続いてマカオ旅行で外せない観光スポットをご紹介します。 <セナド広場> 石畳が美しい曲線を描くように敷き詰められたマカオ観光の拠点となる広場。周辺には世界遺産の遺跡が集まっており、異国情緒たっぷりです。 <聖ドミニコ教会> 薄いクリーム色の外壁が美しい、バロック様式の教会。ロザリオの聖母が祀られています。セナド広場からも徒歩圏内。 <聖ポール天主堂跡> イエズス会によって建造された教会。年の火事で前壁と階段以外は消失してしまいましたが美しい彫刻が残るファサードは健在です。 <モンテの砦> 年台に防衛のために建設された砦で、現在は公園として整備されています。高台に位置するため、ここからマカオの町並みや中国大陸まで一望できます。 <媽閣廟(マーコミュウ)> 海の女神、媽祖を祀っているマカオ最古の寺院で、この寺院の名前「マカオ」の名前の由来となったと言われています。パワースポットしても有名。 <ベネチアン マカオ リゾートホテル> コタイ地区を代表する、全室スイートルームの巨大リゾートホテル。カジノが有名ですがショッピングモールやレストランも充実しています。 行きたい時期や観光地などがある程度決まってきたら、旅行比較サイトの利用がオススメです。LINEトラベルjpでは希望の出発日、日数などを指定して検索することで約社の旅行会社の中から希望にあったツアーを検索・比較できますよ。旅行比較サイトを利用して、あなたにぴったりのマカオツアーを見つけてくださいね。 年11月現在の情報です。ツアー情報、価格などは変更される場合があります。 このナビゲーターの記事一覧 国内。

ジェットスターアプリ

マカオの旅費は、観光に行く時期や宿泊日数、利用する航空会社、ホテルのグレードなどにより変動します。例えば、 フリープランのツアーだと2泊3日のツアーに2名1室で利用して5万円~が相場 です。 1名で参加する場合 は、ツアー代金に 円から1万円程度のプラス料金 が掛かります。 年末年始、ゴールデンウィーク、お盆前後と夏休み期間 、日本に住んでいるとちょっと気付きにくい 9月~10月の中国の連休「国慶節」 と先ほど紹介した 春節の時期 も航空券やホテルの価格が高騰します。 ハイシーズンの場合 は、 乗り継ぎ便の方が安くなることが多い です。ただ、安い航空券は経由地での乗り継ぎ時間が長かったり、日本やマカオを出発する時間帯が悪かったりするので、内容をちゃんと確認してから予約してくださいね! 航空券は3万円~8万円が相場 です。マカオを訪れる時期によって大きく値段がかわりますが、どの航空会社でも 早めに購入すればするほど安い ので、 予定が決まったら早めの予約をおすすめ します。 こちらも グルメ天国マカオ なので、 B級グルメから高級料理までなんでも揃います。 屋台なら1食円~、地元の広東料理やポルトガル料理レストランで~円程度、高級料理店1万円~キリなし。といった感じです。 現地での移動費は、タクシーを多く利用しない限り、あまりかかりません。 バスは一律6パタカ(約80円) ですし、 各ホテルが運行する無料のシャトルバスを利用 したり、徒歩と組み合わせれば現地での移動費はかなり安く抑えられます。

コメント