アイデア

日本のカジノ有力候補地はココ!各都道府県のIR誘致状況まとめ【2020年6月最新版】

人気が最カジノIR 55754

‘セキュリティ’に関する記事

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 年 頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 年1月4日から7月30日 の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 年後半~年頃に正式にIR候補地として認定する 、というスケジュールとなっています。

人気が最カジノIR 55236

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

今回は、このパブリックコメントにより再び注目が高まりつつある「IR関連銘柄」を取り上げます 。 その結果、東京都、横浜市、名古屋市、大阪府・市、和歌山県、長崎県、北海道、千葉市の8地域がIRの誘致を「予定している・検討している」と回答しました 。 このように、今や日本列島の北から南まで、多くの自治体が自分たちの街にカジノを誘致しようと積極的に活動しています。今回のパブリックコメントにより、IRへの注目度はますます高まっていくことが予想されます 。 なお、 シンガポールでは、2つのIR施設の開発で計約1兆円の民間投資が実現。さらに、IR開業後4年で、国全体の観光客数が6割、観光収入が9割増加しました 。 その他、IRの誘致が決定すれば、その地域の企業への関心が集まりやすいでしょう。例えば、北海道の苫小牧へのIR誘致の報道が出たときは、地元企業である フジタコーポレーション() が一時人気化する場面がありました。

統合型リゾート(IR)を知るシリーズ 連載第1回

カジノを含む統合型リゾート(IR)が、ポスト・オリンピックの観光振興施策の目玉として日本をにぎわせている。IRの出現は、長く緩やかに成長してきた日本の観光産業が経験したことのない非連続的な変化を巻き起こす。これを活かして飛躍できるのか、それとも傍観して乗り遅れるのか。IRにより想定される観光産業の量的・質的な変化を探る。まずは、日本の誘致最前線や海外の成功事例を専門家のアドバイスのもとにまとめた。 IRの出現は百年に一度の非連続的変化 半世紀以上にわたる日本の観光産業を振り返ると、年に日本人の海外渡航が自由化されて以降、徐々に日本人のアウトバウンドが拡大し、年には日本人海外旅行者数万人を突破。そして、年からは「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始され、インバウンドの拡大が図られている。 DMO・観光局 MICE・IR クルーズ デジタル・テクノロジー 宿泊施設 旅行会社 行政・自治体・観光関連団体 国内旅行 海外旅行 航空 訪日インバウンド 調査・統計・マーケティング。 コラム インタビュー 取材レポート 図解シリーズ 注目企業 WIT Japan 今日のメルマガ トラベルボイス 英語版 イベント 世界の天気 株価 為替レート。

コメント