アイデア

日本の観光地はなぜ「これほどお粗末」なのか

地方にもゴールドラリカジノ 5610

IR推進へ3つの目的

日本の成長戦略にとって欠かせない地方創生。政府の重点施策の一つでもあるが、カジノを含めた統合型リゾート施設(IR)は地方経済に大きなインパクトを及ぼすとみられている。しかし、焦点のIR推進法案(以下、IR法案)はまだ国会で可決されておらず、現時点ではIRありきの戦略が立案できずにいる。地方創生にIRはどんな効用をもたらすのか。この分野に詳しい小池隆由・キャピタル&イノベーション社長と渡邉真砂世・EY Japan 統合型リゾート(IR)支援オフィスサブリーダーの対談から考える。 EY Japan 概要 EY Japan のご案内 EY について トップメッセージ アントレプレナー支援 ダイバーシティへの取り組み 企業としての責任(CR) EY Ethics hotline(EY倫理ホットライン) ニュースルーム   Connect with us    メールマガジン ソーシャルメディア お問い合わせ English。 企業会計ナビ Tax Insights。 金融 クリーンテック 鉱業/金属 自動車産業。 消費財/小売 パブリック 石油 テクノロジー。

情報発信の前には「整備」が絶対に必要だ

クイーンズランド州政府は豪ゴールドコーストに2つ目のカジノを作る計画を受けとったが、既存施設の事業者であるザ スター ゴールドコーストは2つが共存する余地はないと語る。 州政府が地方のクイーンズランドで世界に通用する統合型リゾ ートを開発するためのゲーミングライセンスを2社に付与し、そこにはゴールドコーストでの2つ目のカジノが含まれることを発表してから7年、開発候補地、運営候補企業、またはその計画自体が進められるのかどうかについて、これまでのところ一切に明らかにされていない。

日本の観光地はなぜ「これほどお粗末」なのか | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前回の記事( 日本の観光業は「生産性向上」最高の教科書だ )では、日本政府が年の達成目標として掲げている「万人の訪日外国人客数、8兆円の観光収入」のうち、国が大きな役割を担う人数目標は達成可能な一方、民間の役割が大きい収入目標は達成が難しいという説明をしました。 ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス レジャー・観光・ホテル。 日本の観光地はなぜ「これほどお粗末」なのか 情報発信の前には「整備」が絶対に必要だ。

コメント