アイデア

ジョイカジノ/JOYCASINO レビュー

で通貨を変更すソーシャルカジノアプリ 24255

柳澤税理士の仮想通貨に対する考え方

アイテム課金 (アイテムかきん)とは、 コンピュータゲーム 内で利用できる アイテム (追加コンテンツ)を 課金 して ユーザー に 販売 するビジネスモデル。 日本オンラインゲーム協会 (JOGA)のガイドライン [1] によると、 年 現在、ゲームの課金方式は「パッケージ販売」・「月額課金」・「アイテム課金」・「従量課金」(プレイするたびに課金する方式)・「その他の課金」(複数の課金方法を組み合わせたものなど)の5種類あるとされており、そのうちの「アイテム課金」について本稿で扱う。以下、用語などはJOGAのガイドラインになるべく従うものとする。 アプリケーション内で小出しで課金することによって サービス が拡充するという マイクロトランザクション と呼ばれるシステムの一種である。アイテム課金型ビジネスモデルを採用したゲームの多くは、プレイするにあたっての基本料金が無料である 「基本無料」 と呼ばれる形態のビジネスモデルを採用しているが、アイテム課金にその他の課金方法を組みあわせた「ハイブリッド課金」と呼ばれる形態のゲームも存在する。日本では一部でも無料で遊べる要素がある場合「基本無料」などと銘打っており、 「一部有料のコンテンツがある」 旨を、活字の小さい「 打ち消し表示 」の注意書きで書くことがある。 主に オンラインゲーム や ソーシャルゲーム (スマートフォン用アプリ、 ブラウザゲーム など)で導入されているが、近年では コンシューマーゲーム でも「ダウンロード専売・基本無料」として導入されるゲームが登場している。 日・中・韓でのみ「アイテム課金」が流行した背景として、当時 韓国 や 中国 で、インターネットの普及に合わせて売り切り型ゲームで急激に増える海賊版ユーザーを防ぐために月額課金型のオンラインゲームが隆盛をみており [2] 、一部の韓国製オンラインゲームが日本にも進出して人気を得ていたという事情がある。日本市場における フィーチャーフォン 時代後期以降からスマホ時代にかけてのコンテンツビジネスの歴史については『スマホ白書』各年度版に詳しい。 アイテム課金 は、年9月に 韓国 と 中国 にてリリースされた韓国製MMORPG『The Legend of Mir 2』が、アバター用の服装のアイテムに課金制を敷いたのが最初のケースである。

JCBも含め、複数のクレジットカード入金に対応しているオンラインカジノ

研究開発の実績としては、1つ目にEthereumブロックチェーンの合意形成プロトコルの技術「CBC Casper」に関する研究を評価され、Ethereum Foundationから日本で初めての助成金獲得を 達成 しています。そして2つ目に、秘匿化ブロックチェーン「 Zerochain 」の研究開発においても、Web3 Foundationから助成金を 獲得 しています。 また、事業支援・コンサルティング面では、 日本Microsoft などの企業らと提携を行なっており、つい先日にはMUFGによる次世代金融サービス構築に向けた実証実験に際した協業を 発表 しています。 BlockBaseは、研究開発・ビジネス(コンサルティング)両面で事業を展開するベンチャー・企業です。同社は昨年8月に設立され、シード向けベンチャー・キャピタル「NOW」により資金調達を 実施しています。 研究開発領域においては、今年1月、ブロックチェーン技術を用いて発行されるNFT(Non-Fungible Token)トークン(デジタルなアイテムなど)を交換できる取引プラットフォーム「bazaaar」を 公開しました。 また5月、NFT取引マッチング・プラットフォーム構想が、分散型取引プロトコルを開発する「0x」のアクセラレーション・プログラムに 採択されて助成金を獲得。 インターネットメディア・ソーシャル事業を手掛けるモバイル・ファクトリー社との、ブロックチェーン事業の開発・推進に関する業務提携 を発表しています。 先述のLayer X社と同様に独自のサービス開発及びビジネス・コンサル事業の両方を推進する同社ですが、対照的な点として、Blockbase社は主にブロックチェーンの非金融ユースケースの創出にフォーカスしている点が挙げられます。

コメント