アイデア

カジノの「レッド ドッグ」は勝てる?必勝法はある?

を徹底解説レッドドッグスロット 9303

■レッドドッグってどんなゲーム?

レッドドッグでは、ベットするとまず画像のように2枚のカードが場に配られます。 今回は「4」と「8」のカードが配られましたね。 ペア :配られたカードが同じ数字だった場合(「9,9」など)は3枚目のカードが同じ数字だった場合は12倍の配当を得る。3枚目のカードが別の数字となった場合は引き分け。 最初の2枚が同じ値の場合、もう1枚が自動で配られ3枚目も同じ値で3カードになると、12倍もの払戻しを得ることになります。 3カードは別名「レッドドッグ」と呼ばれています。 なお3枚目が違う値だった場合の結果は引き分け。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 レッドドッグはトランプを使用したゲームのことです。プレイヤー 自分 とディーラー 親 の1対1の勝負で、ルールはとてもシンプル。テーブル上に配られた2枚のカードに、3枚目を引きます。最初に配られた2枚の間の数字であれば、勝ちになるというもの。特にテクニックなどもなく運次第なので、初心者から楽しめます。オンラインカジノでは一般的なレッドドッグですが、実際に店舗を構えるランドカジノではマイナーなゲームと言われています。 レッドドッグで使用するのは、ジョーカーを除く52枚のトランプです。プレイヤー 自分 とディーラー 親 の1対1の勝負で、テーブル上に表向きに配られた2枚のカードの数字の間に、3枚目に引いたカードの数字があれば勝ちというシンプルなものです。カードの数字は、2~K 13 はそのままで、Aだけ14と数えます。 レッドドッグのテーブル上には2つのベッティングエリアがあります。賭けを意味するBET ベット またはゲームの参加料を意味するANTE アンティ と呼ばれるエリアとRAISE レイズ と呼ばれるエリアがあります。まずは空いているテーブルに座り、BETに賭け金を置きましょう。するとゲームがスタートします。 参加者全員がBETに賭け金のチップを置くと、ディーラー 親 がプレイヤー 自分 に2枚のカードを配っていきます。カードは表向きに並べられ、数字が見えるようになっています。1枚は右側に、もう1枚は左側に置かれます。その2枚の数字がどんな数字かによって勝敗も大きく分かれていきます。組み合わせによって3通りの流れを予測できますよ。

バナー・ベラジョンカジノ

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です! 今回は 「40種類以上あるとされているカジノゲーム」 について解説していきます。 みなさんはカジノゲームが世界中には何種類あるのかご存知でしょうか?実はバカラやブラックジャックのアレンジゲームなども世界中のカジノには存在していて、それら全てを 含めると40種類以上ある とされています。 この記事では 「オーソドックスなカジノゲームのルール」 、 「バカラやブラックジャックなどのアレンジゲーム」「おすすめのオンラインカジノ」 などについて幅広く解説していきます。

コメント