動的に

カジノを設置したIR(統合型リゾート)の候補地は夢洲が有力、投資額は5000億円以上!

出金取り消しカジノ大手ゲンティン 59085

検索結果: 2 | IR*ゲーミング学会 | 5ページ

米国では年に制定された連邦「有線法」の規定が連邦司法省により広く解釈され、これがあらゆるインターネット賭博を禁止し、取り締まる制度上の根拠とされてきた。この有線法とはもちろんインターネット等が無い時代の法律で「スポーツ・イベント、競技に関する賭け事、賭博行為に関し、州際間で有線施設を用いて当該賭博行為に関する情報伝達をする者を処罰する」という半世紀前の法律規定である。州法で規定する競馬等のスポーツ・競技賭博に関し、電話・電報等の手段を用いて他州から賭け行為を促し、顧客を横取りすること等を禁止することが本来の目的でもあった。当時は犯罪組織がかかる行為に関与していたという議会証言がある。米国では賭博法制を認めるか否かは連邦政府ではなく、原則州政府の管轄になり、連邦法上の規定は例外的なのだが、この古色蒼然とした曖昧な連邦法の規定が拡大解釈され、サイバー世界におけるインターネット賭博を取り締まる根拠として主張されてきたわけである。A地点とB地点との間で情報伝達をする電話、電報等の施設が有線施設ということなのだが、電線等必要もないインターネットも所詮情報伝達の手段ではないかというかなり一方的な解釈になってしまう。ところが年12月23日、連邦司法省・法制局は、年にニューヨーク州及びイリノイ州から提起された法務解釈開示要請に対する見解(リーガルオピニオン)を発表、従来同省犯罪局が採用していた見解を大きく修正する立場をとることになった(年9月20日付連邦司法省・法制局(Office of Legal Counsel)の司法長官補による同省犯罪局にあてた法律上の解釈見解書で「ロッテリー・チケットを州内の成人に販売するためにインタ-ネットを使用し、かつ当該取引処理の為に州外の事業者を起用することが連邦有線法に違反するか否かに関するイリノイ州およびニューヨーク州の質問に関する法務意見書」。但し、公表は同年12月末となった)。 もっとも、その後共和党から民主党に政権交代となり、この法律に反対する超党派の議員たちは、法が施行される前の時点で、この法の執行を年12月まで延期させるとともに、新たに、オンライン賭博を規制した上で認める法案を議会に上程しようとした(成立すれば上記法律に代替され、禁止ではなく、逆に規制の対象にして、認め、税金を徴収するという考えになる。後述する如く、この法案は審議の目途はたたず、廃案となった。年の法案審議途上の委員会では、UIGEAに拘わらず、米国人は年億㌦の資金をオフショアのネット・サイトに預託し、億㌦以上の賭けをしたという発現が賛成派議員よりあった。正当に課税すれば億㌦の税収になったという。)。この法案は、「インターネット賭博規制・消費者保護及び税執行法案」(下院法案号 )(Internet Gambling Regulation and Tax Enforcement Act)と称し、議案の発案者は上院財政サービス委員会の委員長である民主党のバーニー・フランク議員並びに共和党ピーター・キング議員である。時代は、民主党、オバマ政権となり、ネット賭博を規制した上で認めるのか、あるいは現行法通り、禁止するのかに関しては米国議会でも議論は割れ、どっちにころぶのかは微妙な状況でもあった。尚、昔から、民主党リベラル派は、賭博行為は禁止ではなく、許諾し、規制の対象にすべしという風潮が強い。 尚、連邦司法省及び一部州政府はUIGEA及びその他の連邦賭博関連法を根拠とし、法施行後、単発的に関連しうる 外国 事業者で、米国内で活動していた主体等を逮捕、摘発しているが、必ずしも組織的な法の執行がなされているとも思えないのが現実である。 米国では、インターネットを利用した賭博行為をサイバー空間で提供する行為は、年代後半に自然発生的に生まれ、未だ明確な制度が無いままに、米国人顧客はこのサイバー空間で提供される市場に参加しており、制度の前にまず現実があったというのが実態になる。但し、米国では伝統的に賭博行為は連邦政府ではなく、州政府による規範により認められ、かつ州際間を超える賭博行為は様々な連邦法により規制を受けてきた。インターネットはかかる既存の概念を超える考えを前提とするため、オンラインによる賭博行為の提供は米国では法律的にはもともとグレーな領域であったことになる(必ずしも合法性が担保されているわけではなく、かつ違法性の根拠も明確ではなかった)。米国内では制度的リスクがあるという事情から、インターネットを利用して賭博行為を提供する事業者は、米国ではないオフショア 専らカリブ海や中南米)の軽課税国にサーバーを設置し、これらの国々を拠点にし、サイバー世界から米国民に対し賭博行為を提供するという仕組みが年代から90年代にかけて定着し、段階的に市場が拡大していった。かかるインターネット賭博事業者に免許(ライセンス)を与え、自国に本拠を置かせようとするカリブ海の国々がでてきたことも、この動きを加速させることになった。

カジノを設置したIR(統合型リゾート)の候補地は夢洲が有力、投資額は億円以上! | Re-urbanization -再都市化-

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致 を目指す大阪府と大阪市は、 夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地として推進してゆく 事を決定、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指すそうです。 カジノ誘致は「夢洲」軸に調整 鉄道延伸も検討 大阪府・市。 htm カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市は22日、「夢洲(ゆめしま=同市此花区)を軸とした大阪市内ベイエリア」を候補地として推進していくことを決めた。東京五輪が開催される2020年の開業を目指す。松井一郎知事と橋下徹市長が出席した府市の「IR立地準備会議」で確認した。府市は開会中の通常国会でIR関連法案が通過することを見越し、大阪の候補地を具体的に打ち出すことで投資に関心を示す海外のIR事業者にPRする狙いがある。 SECRET: 0 PASS: 74bed4c4e7c 別方向からの画像あり。斬新なデザインの超高層タワーホテルだ。 MGMは大阪カジノを想定? 。 SECRET: 0 PASS: 74bed4c4e7c カジノはパチ業界にとっては追い風かな、ターゲット層は被らないしカジノ法案が通ればパチ合法化も容認の流れが出来そう カジノを熱心に推してる橋下のお得意企業マルハンはマカオにも進出しているしカジノ計画にもかんでくるのは間違い無い。 SECRET: 0 PASS: 74bed4c4e7c 多くの人口がありながら首都圏ほど豊かな税収がなく諸問題を抱える大阪にこそカジノは必要不可欠だと思います。 この誘致に手を上げずしてどうやって大阪を運営していけというのか。これよりも有効な策などない。 関空・USJや都心の繁華街へのアクセス、そして旅行者を京都や神戸へもつなげていくためにも 場所は夢洲を含むベイエリアしかない。

コメント