動的に

スティックペイ(STICPAY)とは

スティックペイ時間制限 44495

SticPay(スティックペイ)でスピーディーで便利に入出金とプリペイドカード発行と有効化でATMで引き出し

オンラインカジノの決済方法として利用できる「 スティックペイ 」。利用しているオンラインカジノで見かけるという人もいれば、まだまだ知らないという人もいるでしょう。 冒頭でも紹介したとおり、 ecoPaysに変わりうる次の電子ウォレット とも言われています。年に登場したばかりなのでまだオンラインカジノにあまり普及していませんが、そのメリットを確認してみましょう。 スティックペイの全ての利用者が発行するものといえば、スティックペイカードです。これは、 MasterCard対応のカード となっているため、以前廃止になったecoPaysのecoカードのような役割を果たしてくれるとして人気が高まっています。

スティックペイの登録・口座開設

このページでは、 STICPAY スティックペイ の 登録方法(口座開設)と認証手続き(本人確認)を合わせて解説 しています。途中で 登録時の要点 にも触れているので、ゼロから利用される方は下記を参考にお手続きください。 スティックペイでは、登録するメールアドレスさえ変えれば一人で2口座以上持つことができます。例えば、通貨を変えて「香港ドル口座」「日本円口座」を1つずつ用意しておき、片方はブックメーカーとの入出金用、もう一つは単に資金をプールしておくため、など用途に合わせて使い分けも可能です。 もちろん、口座同士の資金のやり取りもできます。管理人は香港ドルと日本円口座を作りました。 それぞれ1つご用意ください。居住証明書は、発行から三ヶ月以内のものに限られます。 昔取った住民票や期限が切れた保険証などは使えません  公共料金の支払いが自己名義で住所が乗っているなら領収書で大丈夫。住民票や銀行の残高証明書も窓口で簡単に取得できるので簡単です。 残高証明書は口座に入っている金額は一切関係ありません。名前と住所が記載されていれば証明に使えます。

コメント