動的に

ルーレットに魅了された男のやり方

ルーレットで赤黒勝負スポーツベットカジノ 26975

ルーレットで勝つために知っておきたい前提条件

まず、大前提に知っておかなければならないことは、 必勝法を利用しても最終的に絶対勝てるわけではない という事です。 アウトサイドベットエリアにあるコラムベットとダズンベットの、 2か所ずつの計4か所に賭け、勝率3分の1の賭けを利用した戦略 となります。

初心者におすすめのルーレット必勝法8選

確率論で行くと、それぞれの配当が当たる確率は以下の様になる。 0〜36の数字 37分の1 それぞれは、0があるので37分の1で確率が下がるがほぼ以下の確率となる。 1〜18・19〜36・偶数・奇数・赤・黒 2分の1 1〜12・13〜24・25〜36 3分の1 1〜34の縦のライン・2〜35の縦のライン 3〜36の縦のライン 3分の1。 先程、説明した通り、ルーレットはそれぞれの場所で当たる確率が決まっているので、一番高い確率は、2分の1の場所になる。 ですが、確率50%では勝率も50%となってしまうので、いまいち良さがありません。 だから、賭ける場所を増やして、確率を3分の2に上げるのです。 頭の良い方は、もう既に解ったと思いますが、3分の1で当たるゾーンを2つカバーすれば、3分の2の確率で当たります。 以下の様に賭ければ良いだけです。 もし、上記の様な2列をカバーした賭け方をした場合、全く配当が得られないゾーンは、5つの数字(0、15、18、21、24)のみとなります。 なので、毎回のプレーで、ハズレは、37分の5となるのです。当たるよりもハズレの方が大変になります。 両方当たったので、ゾーン別にいうと・・・ 1〜12は、負け 25〜36は、25の3倍で当たりなので、配当75ドル 縦列1〜34は、負け 縦列2〜35は、25の3倍で当たりなので、配当75ドル となり、100ドルのベットで、配当150ドルとなります。 という様に、この必勝法では、当たれば最大でベット額の1。

ルーレットで赤黒勝負スポーツベットカジノ 19004

このクリエイターの人気記事

オンラインカジノでは、確率・統計的理論とは裏腹に出た目に『 波 』の現象というものがあり、たとえ連続して同じ色が出続けても何らおかしいことではありません さすがに番号で特定して同じ数字が続くとまでは考えづらいですが。 そこで、このような同じ色という波に陥ったとき、 7回目の法則 というものが役に立ちます。 これは、確率・統計理論を根拠として開発された攻略法で、「いくら同じ目が続いたとしても 確率上、同じサイドが7回以上続くことは滅多にないはずだ!! 」という考え方を基に作られました。 あくまで、確率的な視点として見ているだけで、7回目に確実に当たるという保証はありません。 ただ、このやり方を利用して、 効率的にベットシステムの効果を発揮できる利点 があるのです。 賭け金を倍にしていく マーチンゲール法 を使ってみて、予期せぬ波に遭遇して、思うように勝てずに破産してしまったことってありませんか!? ジパンググループ第三弾!!こちらは、 お手元の口座へ引き出し速度が最優秀クラス! 本来、数日間かかることが一般的だった引き出し反映の風潮が、カジノジャンボリー誕生を機に一掃!!リアルカジノ本来の勝負感に近いスタイルで楽しめます。 プレテック系カジノの中では、日本語対応の能力として最も優秀だと認められているカジノ!! 24時間日の日本語サポート導入 が非常に優れものです。あらゆるタイプのルーレットを満遍なく楽しめます!さらには、初心者に嬉しい 無料チップ贈呈 を実施中です。

コメント