動的に

通称「カジノ法案」統合型リゾート(IR)整備推進法案とは簡単にいうと何?

カジノを含む統合型リゾートルーレット必勝法 25900

カテゴリー:大阪カジノの基本Q&A

近年シンガポールや韓国、オーストラリアのように、統合型リゾート(IR)を整備することで、多くの観光客を呼び込む例が増えてきています。日本でも、訪日外国人観光客(インバウンド)を拡大する政策の一環として、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が年12月に成立しました。IRやカジノに関する内容を含むため、「IR推進法」「カジノ法」などと呼ばれることもありますが、IRの整備により地域経済を振興することや、カジノを適切に管理していくことなどを定めた法律です。 統合型リゾート(IR)というと、カジノばかりが注目されがちですが、カジノ以外にも、ホテルやショッピングモール、MICE(マイス)などが集まる複合観光集客施設がIRです。MICEは、国際会議や見本市などビジネスイベントの会場となる場所。観光だけでなくビジネス関連の集客も見込める要素となっています。 具体的なIRの整備や運営のルールなどは、年7月に成立した「IR実施法」に定められています。それによれば、IRを整備するのは当面の間、全国で3カ所。実際に開業するのは年代の半ばころになりそうです。今後、「カジノ管理委員会」が発足し、IR候補地の正式決定、IR事業者の選定といった作業に取り組むことになります。 現時点でIR建設の候補地となっているのは、東京のお台場・千葉県幕張・神奈川県横浜・愛知県名古屋・愛知県常滑・大阪の夢洲・長崎のハウステンボス・和歌山県マリーナシティなど。北海道は年11月に、IR誘致を見送る方針を決めました。自治体によるIRの申請は、年1月4日~7月30日に行われ、年ごろに建設地が正式決定する予定となっています。 それでは世界各地にどんなIR施設があるのか、カジノ解禁の歴史と共にみていきたいと思います。 カジノといえばまず思い起こすのが、アメリカのラスベガス。代表的なIRとしてはMGMグランドがあります。収容人数17,名の「MGMグランド・ガーデン・アリーナ」は、ボクシングの世界タイトルマッチが行われることで有名です。日本政府の資料によれば、ラスベガスがあるネバダ州で賭博が合法化されたのは年のことです。年代の後半から年にかけて、業界の健全化をすすめ、現在のようなリゾート施設が立ち並ぶ都市へと発展しました。 シンガポールには、マリーナベイ・サンズというIRがあります。開業は年。3棟あるホテルの屋上をつないだ、1ヘクタールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」が有名です。メートルある「インフィニティプール」は、地上メートルに設置された屋外プールです。シンガポールでカジノが解禁されたのは、年。リゾート・ワールド・セントーサというIR施設も年に開業しています。 韓国では年に、初めて外国人専用のカジノが開設されました。現在では、ソウルや済州島など17カ所に設置されています。このうち韓国人が入れるカジノは1カ所。年に開業した江原ランドです。 ところでカジノで行われているゲームには、どのようなものがあるかご存じでしょうか。ルーレットやブラックジャックは、よく知られているかもしれません。ルーレットでは、数字や色で区別された37または38の目を予想します。カードの合計数が21に近くなるように、ディーラーとプレイヤーが勝負するのがブラックジャックです。バンカーとプレイヤー、どちらが勝つのか予想するのが「バカラ」と呼ばれるゲーム。ほかにも3つのサイコロ合計や組み合わせなどを予想する「大小(だいしょう)」などがあります。 証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。 現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。 トップ 女性のマネー知識応援サイト。美人のマネ活 トレンド 通称「カジノ法案」統合型リゾート(IR)整備推進法案とは簡単にいうと何? 通称「カジノ法案」統合型リゾート(IR)整備推進法案とは簡単にいうと何? 小遣い 世界情勢 海外 教えて 歴史 雑学。 目次 ・ 統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」とは ・ 他国のIRはどんな場所にあってどんな特徴があるの? ・ カジノができると日本が受けるメリット・デメリット。

政府はカジノでの勝ちに課税を検討。

法案の名前からもわかると思いますが、この法案が目指しているのは「統合型リゾート」を作っていきましょうということです。 このリゾートの中にカジノが含まれるため、カジノ法案と呼ばれているわけです。 ちなみに、統合型リゾートとは、ホテルやショッピングモール、映画館、プール、国際展示場、そしてカジノを含むリゾート施設になります。 図解するとこうですね。 大人も子どもも誰もが楽しめる場所。それが統合型リゾートなのです。 現在、世界中で新たに作られているカジノのほとんどは、じつはこの統合型リゾートの一部として計画されています。 というのも、カジノ単体では集客に限度があるからです。 家族そろって遊びに来て、それぞれがそれぞれの遊び方で楽しみ、お金を使う。 これが現代流のカジノのあり方と思って間違いないでしょう。 実際、カジノのメッカと言われるラスベガスやマカオでも、高い人気を誇っているのは、こういう統合型リゾートです。 インバウンド(外国からのお客さん)からの収入を見込んで、日本でも統合型リゾートを作りましょう、という目的でカジノ法案は生まれたのです。 ただ、日本では原則として賭博が禁止されています。 許されているのは、公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース)と宝くじのみです。 (実質上、暗黙に許可されているパチンコ、パチスロは例外とします)。 当然のことですが、カジノ法案にはメリットとデメリットがあります。 法案に賛成する人はメリットをことさらに声高に叫びますし、反対派はデメリットを強調します。 それでわかりづらくなっている部分もありますので、ここではメリット、デメリットをそれぞれ挙げ、問題点も指摘しておこうと思います。 収益が増える カジノを含むIRができれば、当然、お客さんがやってきます。 そこから見込まれる収益は、ある計算では1カジノ辺り年間1兆億円に上ると言われています。 ほかの施設の収入も含めれば、金額はさらに上がります。また、カジノ建設への投資なども期待されています。 ただし、今回のコロナのようなことが起これば、インバウンドの収入は一気に減りますし、そもそも客が入らないというケースもないとは言えません。

韓国で起きているカジノの実情

愛知県で闇カジノが17日、摘発されました。 闇カジノの摘発が相次いでいますが、新型コロナウイルスの影響下で多くの店が休業する中、営業していたことは驚きです。 「新型コロナウイルスの影響で休業してやることがなく、週に2~3…。 新型コロナウイルスの騒動がひと段落した韓国で、営業再開のムードが高まっています。 基本的に外国人専用とされる韓国のカジノですが、江原ランドはその中でも唯一内国人の入場が許されたカジノ施設です。 そんな江原ランドの営業が5…。 大阪府・市が誘致を目指す統合型リゾート IR について、参入を表明しているMGMリゾーツは改めて強い決意を示しました。 全施設が営業停止を続けている米国で毎月約2。 延期が続く政府のIR基本方針の決定について、今年7月をめどに発表されるだろうというレポートが発表されました。 コロナウイルスの影響で、政府の機能が事実上ストップしてしまっている今、自治体のみが誘致に奔走している状況のため…。

コメント