動的に

海外旅行に行く前に絶対知っておくべき”現金”と”クレジットカード”の使い分け方

で使えるクレジットカードユーロからドル 23522

基準レートについて知ろう

経済産業省 の調査によると、 韓国ではキャッシュレス決済比率が89。 国際ブランドが採用している基準レートやカード会社ごとの手数料の違いなど、細かな金額の違いはありますが、どれもきちんとした会社が算出している 透明性の高い金額 です。 海外での日本円決済は損をする可能性が高いので基本的には現地通貨を選びましょう! 海外失敗談。

クレジットカード決済について

この記事は 海外でクレジットカード支払いの際 「日本円か現地通貨かどっちにする?」 と聞かれたら現地通貨で払ったほうがいいよ ってことを検証したものです。 最近海外でクレジットカード支払い時 VISAやマスターカードを出すと 「現地通貨にするか日本円にするか?」 好きな通貨を選べると 不可解なオファーをされることが多い。 AMEXとVISAカードどっちを出すか迷ったのだが AMEXって為替手数料(換算レート)が あまり消費者に有利ではないので VISAを出したらお店の人が 「日本円建てとドル建てどっちで支払いますか?」 と聞いてきた。 そういえばアジアの主要都市、 シンガポール、バンコク、香港等では 10年くらいまえからこの 「通貨を選んで決済できる」 という一見親切そうな方式が 時々トラップのごとく出現していた。 わたしは海外での会計の時はどんなに 相手を待たせても念入りにチェックするという ルールを自分に課しているため (海外で間違った会計をやらかすと、 後始末で膨大な無駄時間を取られる どころか結局お金は返ってこない 確率が高いというキュイン経験値に 基づく自分ルール)。 一見親切を装ったこの 「通貨が選択できるよ方式」 に野生のカンで良い印象を まったく持っていなかったのだが この時たまたまラスベガスでの 優雅な着席ショッピング。

コメント